Lenon


Lenonをフォローしよう!


安楽死を待つばかりだった病気に苦しむ犬が引き起こした奇跡に心震える・・・


安楽死を待つ犬

ルーシーは里親を見つける望みが薄いと判断され、安楽死を待つだけだった犬たちのうちの1頭でした。

いよいよルーシーが安楽死させられる予定の日、

彼女がいるアメリカのマイアミ・デードのシェルターに

「Dog Tales Rescue and Sanctuary」という団体が到着します。

この団体はシェルターでただ死を待つだけの動物の中から、

失われたり忘れられたペットを助け出す活動をしています。

彼らの活動拠点であるシェルターの1つがマイアミ・デードにあるとのこと。

そして団体は活動内容に沿って犬たちを助け出し、その中にはルーシーちゃんも含まれていました。

病気を抱えているルーシーに起きた奇跡、そしてその後の経過を次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

他の兄弟たちが体重650グラムだったのに対し、たった150グラムしかなかった子猫→弱々しい状態で保護されて3日後…!

猫は平均2~5匹、多い場合でも8匹の子どもを産みます。 その母猫が人間の監視下で出産をしたのなら、生 …

キュートな子猫たちが遊びに来たよ!でも後ろの大きなお母さんって、明らかに猫とは違うよね!?

カナダのアルバータ州にあるカルガリーで、可愛いけどドキドキな出来事がありました。 住宅地に住むキャサ …

失明を免れ、シェルターは快適なはずなのに不機嫌そうだった犬が願っていた幸せとは?

失明の危機から免れ、シェルターも快適なはずなのになぜか不機嫌そうだった犬!この犬が願っていた幸せとは?詳細はこちら・・・

ふわふわな毛に覆われたフクロウの赤ちゃんは野生では生きていけない病を患い人間に育てられることに…!

野生の動物の生体数を一定数確保するためにペット用の繁殖ではなく、 野生の動物を増やすブリーダーもいま …

毛が絨毯のようになってしまい、不自由な思いをしていた猫!毛を刈るとこんな姿に・・・

ある老人と一緒に暮らしていた1匹のペルシャ猫。 名前はシンドバッド君。 顔は普通の猫なのに体はとても …

PREV : イタリアのシチリア島で撮影された深田恭子の写真の数々に絶賛の声続々!
道具を使わずに「落ち椿」のみを使って作られていくものがすごすぎて思わず感動…! : NEXT