Lenon


Lenonをフォローしよう!


どんなに悲惨な状態でも人間に愛情を示し続けた猫に待っていた運命の出会いとは?


アメリカのミズーリ州セントルイスにある保護団体「Recue of St. Louis」はある日、

猫のニコデマスを保護しました。

収容された時のニコデマスは、顎が砕けて歯がむき出しになっていました。

目やにも出ていて、何かの感染症にもかかっているようでした。

調べて見ると、猫エイズも陽性でした。

体全体がボロボロでしたが、特に顎の怪我が心配でした。

「彼を保護した時の怪我は深刻な状態だったので、体がもつか心配でした。」

と、保護団体のスタッフは語っています。

保護されるまでの間、ニコデマスがどんな風に生活してこんなひどい状態になったのかはわかりません。

しかし、つらい毎日を過ごしてきたことは想像に難くありませんでした。

ボロボロのニコデマスにどんな明日が待っているのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

飼い主さんとラブラブなキツネ!じゃれる時の嬉しそうな顔に思わずにっこり・・・

キツネ キツネはよく物語に登場します。 大抵は悪者役で、人を騙したり卑怯な手を使ったりする時に使われ …

忘れ物をしてしまったので犬のリードをつないで取りに行った→飼い主が戻った時、褒めずにはいられなかった!

よく躾されたワンちゃんは、飼い主さんの命令を忠実に守ります。 かなり訓練されている牧羊犬は、飼い主さ …

火事で家が全焼したものの、巻き込まれて行方不明になっていた猫と奇跡的に再会できた理由とは?

カリフォルニア州のある街で、大規模な火災が起きました。 ローラさん一家の家は、その火災のため全焼して …

犯罪者の車から保護された子犬は薬漬けにされていた!死の淵から立ち直り、幸せをつかむまでの軌跡に涙が止まらない・・・

犬は飼い主がいても幸せとは限りません。 もしその飼い主が麻薬を扱う犯罪者だったら、 その麻薬を犬に与 …

人間に母親を殺された子ザルが新しく母親となった者に愛情を与える姿に胸が熱くなる・・・

このおサルさんの名前は「ブーマー」といいます。 中南米に生息している、木登りが上手なクモザル科の仲間 …

PREV : 娘の命を奪った犯人と法廷で会った母親がとった驚くべき行動に心揺さぶられる…!
イタリアのシチリア島で撮影された深田恭子の写真の数々に絶賛の声続々! : NEXT