Lenon


Lenonをフォローしよう!


豪雨の翌日にずぶ濡れで衰弱しきっていた生後わずか1日の子猫を保護して看病し続けた結果…!


看病の結果

「ブルース」と名付けられた子猫を保護してから3日目、ついに彼は喉を鳴らし始めました。

キャスリンさんは時間を問わず、懸命にブルースの世話をし続けます。

ブルースがお腹を空かせて鳴くたびにごはんをあげなければいけなかったので、

キャスリンさんは睡眠時間を少ししかとれない日々が続いたそうです。

そんな彼女の必死の看病によって、

未熟児だったブルースは保護してから12日目にして体重が100グラムを越えるようになりました。

そして、とうとうブルースの目が開いたのです。

キャスリンさんはその後、ブルースに食事の仕方を教えてあげました。

ブルースは成長するにつれ、自分1人だけでできることが増えていきました。

ブルースの成長

ブルースがどんどん大きく成長していくことは、キャスリンさんにとって非常に喜ばしいことでした。

ブルースの身体が大きくなるにつれて、喉を鳴らす音も力強くなったとのことです。

日々の中で、確実に成長しているブルース君の姿を収めた動画はこちらになります。

ぬいぐるみのお友達もできた今では一緒にのんびりとくつろいでおり、幸せそうな毎日を送っています。

ブルースは豪雨の翌日に、衰弱しきった状態で発見されました。

ですが、まるでお母さんのような飼い主さんから必死の看病を受け、

ブルースはこんなに大きくなったのです。

これからもキャスリンさんの大きな愛情に包まれながら、元気に成長していって欲しいですね。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

突然の土砂降りに見舞われ、軒先で雨宿り→するとかわいそうなほどズブ濡れの猫が「一緒に雨宿りしよう!」とやってきて・・・

嵐の夜、風雨の中でずぶ濡れで鳴く子猫→心を開くまで1時間以上辛抱し続けた結果…!

雨の中、道端をさまよっていた子猫を保護!すると”たてがみ”が信じられない変化を起こして・・・

冷たい雨に打たれ、凍って動けなくなった子猫を保護し、20分温め続けた結果…!

ガレージでびしょ濡れ状態の子猫3匹を発見!助けてもらった人の家で安心したようで・・・

出典:Facebook/YouTube


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ネズミに困っていることを農家の友人に相談したらかわいい解決策を用意してくれた!

ネズミに困っている農家の家族(@K8terSan)がある日、同じ農家の友人に相談をしました。 すると …

解体中の建物で起きた、箱に重石をして捨てられていた子猫を救った心優しいヒーロー!

福岡にお住まいのTwitterユーザー、sato (@sato_f_ddon)さんが本日の主役です。 …

女性が旅先のビーチで2人の男に襲われそうに…その時、1匹の野良犬が救世主となった!

エーゲ海の青い海、白い石造りの街並みが美しいギリシャですが、 この国にはクレタ島という小さな島々がち …

221匹もの動物を救ったあるペットショップのユニークな里親探しが話題に!

犬は飼ったら、その一生を面倒見るつもりで飼わなければいけません。 買った瞬間から長い付き合いが始まり …

保護施設から引き取った犬が、7歳の娘の近くで突然狂ったように暴れ始めた!保護犬の勇敢さと子供との絆に心震える・・・

捨て犬ハウスとの出会い アメリカ、フロリダ州にモリー・デルーカちゃん一家が住んでいます。 モリーちゃ …

PREV : 119番通報するも朦朧とする意識!そんな中、オペレーターのこの一言に救われた・・・
週刊少年ジャンプのロゴを反転させると…!これは目からウロコの衝撃事実・・・ : NEXT