Lenon


Lenonをフォローしよう!


豪雨の翌日にずぶ濡れで衰弱しきっていた生後わずか1日の子猫を保護して看病し続けた結果…!


看病の結果

「ブルース」と名付けられた子猫を保護してから3日目、ついに彼は喉を鳴らし始めました。

キャスリンさんは時間を問わず、懸命にブルースの世話をし続けます。

ブルースがお腹を空かせて鳴くたびにごはんをあげなければいけなかったので、

キャスリンさんは睡眠時間を少ししかとれない日々が続いたそうです。

そんな彼女の必死の看病によって、

未熟児だったブルースは保護してから12日目にして体重が100グラムを越えるようになりました。

そして、とうとうブルースの目が開いたのです。

キャスリンさんはその後、ブルースに食事の仕方を教えてあげました。

ブルースは成長するにつれ、自分1人だけでできることが増えていきました。

ブルースの成長

ブルースがどんどん大きく成長していくことは、キャスリンさんにとって非常に喜ばしいことでした。

ブルースの身体が大きくなるにつれて、喉を鳴らす音も力強くなったとのことです。

日々の中で、確実に成長しているブルース君の姿を収めた動画はこちらになります。

ぬいぐるみのお友達もできた今では一緒にのんびりとくつろいでおり、幸せそうな毎日を送っています。

ブルースは豪雨の翌日に、衰弱しきった状態で発見されました。

ですが、まるでお母さんのような飼い主さんから必死の看病を受け、

ブルースはこんなに大きくなったのです。

これからもキャスリンさんの大きな愛情に包まれながら、元気に成長していって欲しいですね。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

突然の土砂降りに見舞われ、軒先で雨宿り→するとかわいそうなほどズブ濡れの猫が「一緒に雨宿りしよう!」とやってきて・・・

嵐の夜、風雨の中でずぶ濡れで鳴く子猫→心を開くまで1時間以上辛抱し続けた結果…!

雨の中、道端をさまよっていた子猫を保護!すると”たてがみ”が信じられない変化を起こして・・・

冷たい雨に打たれ、凍って動けなくなった子猫を保護し、20分温め続けた結果…!

ガレージでびしょ濡れ状態の子猫3匹を発見!助けてもらった人の家で安心したようで・・・

出典:Facebook/YouTube



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

かわいい子猫はまだまだ食べ盛り!夢中で食べ続ける食いしん坊さんにすっかり魅了されてしまいます・・・

食べ物への欲求は第一次的欲求です。 動物が生きていくために最も必要な欲求が『食べること』なのではない …

撫でられるとなぜか舌をペロペロさせちゃう猫がおもしろ可愛いと話題に!

今回ご紹介する猫は、撫でられるとなぜか舌をペロペロさせてしまうのです!おもしろ可愛いこと間違いなしの動画はこちら・・・

海の中にスマートフォンを落としてしまった…でも賢くてかわいい「あの子」が届けてくれた!

これは、バハマにあるブルーラグーン島で起きたびっくりエピソードです。 この島に遊びに来ていた女性でし …

シャンシャンのお転婆ぶりが留まるところを知らず!飼育員もお手上げ?(笑)

上野動物園のジャイアントパンダの子供、シャンシャンのお転婆ぶりが止まりません!留まるところを知らない勢いに飼育員さんもお手上げ?

生まれつきの障害で誰にも望まれなかった猫がついに無条件の愛を与えてくれる人と出会う…!

障害があると、1人で生きていくのが大変なことが多いです。 それは動物の世界でも同じこと。 ハンデをフ …

PREV : 119番通報するも朦朧とする意識!そんな中、オペレーターのこの一言に救われた・・・
週刊少年ジャンプのロゴを反転させると…!これは目からウロコの衝撃事実・・・ : NEXT