豪雨の翌日にずぶ濡れで衰弱しきっていた生後わずか1日の子猫を保護して看病し続けた結果…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


豪雨の翌日にずぶ濡れで衰弱しきっていた生後わずか1日の子猫を保護して看病し続けた結果…!


看病の結果

「ブルース」と名付けられた子猫を保護してから3日目、ついに彼は喉を鳴らし始めました。

キャスリンさんは時間を問わず、懸命にブルースの世話をし続けます。

ブルースがお腹を空かせて鳴くたびにごはんをあげなければいけなかったので、

キャスリンさんは睡眠時間を少ししかとれない日々が続いたそうです。

そんな彼女の必死の看病によって、

未熟児だったブルースは保護してから12日目にして体重が100グラムを越えるようになりました。

そして、とうとうブルースの目が開いたのです。

キャスリンさんはその後、ブルースに食事の仕方を教えてあげました。

ブルースは成長するにつれ、自分1人だけでできることが増えていきました。

ブルースの成長

ブルースがどんどん大きく成長していくことは、キャスリンさんにとって非常に喜ばしいことでした。

ブルースの身体が大きくなるにつれて、喉を鳴らす音も力強くなったとのことです。

日々の中で、確実に成長しているブルース君の姿を収めた動画はこちらになります。

ぬいぐるみのお友達もできた今では一緒にのんびりとくつろいでおり、幸せそうな毎日を送っています。

ブルースは豪雨の翌日に、衰弱しきった状態で発見されました。

ですが、まるでお母さんのような飼い主さんから必死の看病を受け、

ブルースはこんなに大きくなったのです。

これからもキャスリンさんの大きな愛情に包まれながら、元気に成長していって欲しいですね。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

突然の土砂降りに見舞われ、軒先で雨宿り→するとかわいそうなほどズブ濡れの猫が「一緒に雨宿りしよう!」とやってきて・・・

嵐の夜、風雨の中でずぶ濡れで鳴く子猫→心を開くまで1時間以上辛抱し続けた結果…!

雨の中、道端をさまよっていた子猫を保護!すると”たてがみ”が信じられない変化を起こして・・・

冷たい雨に打たれ、凍って動けなくなった子猫を保護し、20分温め続けた結果…!

ガレージでびしょ濡れ状態の子猫3匹を発見!助けてもらった人の家で安心したようで・・・

出典:Facebook/YouTube



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

猫の毛から守るために買った衣装ケースのチャックを閉め忘れた結果、やっちまった・・・

猫や犬を飼っている人は、ペットの毛に悩まされることが多いと思います。 お出かけ用の洋服にびっしり猫の …

動物愛護団体が考えた『花火や雷に怯える愛犬を落ち着かせる方法』が効果抜群だと話題に!

花火や雷に怯える犬は、かなりいるようですね。 我が家の北海道犬も普段は強気なわがまま犬ですが、近くで …

パソコンで撮影した鳥の群れの写真を確認したところ、いつの間にか奇跡の1枚になっていた…!

自分で撮影した鳥の群れの写真をパソコンで確認!するとその結果、いつの間にか奇跡の1枚を撮っていたことが判明・・・

母性に溢れた母猫は、安心できるまで絶対に我が子を離そうとしなかった・・・

愛情に溢れた我が子思いの母猫!完璧に安心できるまで、絶対に我が子を離そうとしない姿に心揺さぶられる…!詳細はこちら・・・

保護施設に連れてこられたこの子猫は怒っている?その理由と1ヶ月後の姿は・・・

迷子になった子猫 アメリカのカルフォルニア州にあるサンノゼアニマルケアセンターに、 1匹の子猫が連れ …

PREV : 119番通報するも朦朧とする意識!そんな中、オペレーターのこの一言に救われた・・・
週刊少年ジャンプのロゴを反転させると…!これは目からウロコの衝撃事実・・・ : NEXT