Lenon


Lenonをフォローしよう!


豪雨の翌日にずぶ濡れで衰弱しきっていた生後わずか1日の子猫を保護して看病し続けた結果…!


ずぶ濡れの子猫

今回ご紹介するお話は、豪雨の翌日に発見された生後1日の子猫を優しい女性が保護し、

子猫の新しいお母さんになったというエピソードです。

ニュージーランドのオークランド在住のキャスリンさんは大雨の翌日、

路上で弱々しく動いている生き物を見つけました。

キャスリンさんは、最初はその動物をネズミだと思っていましたが、

近づいてよく見るとその生き物はまだ「へその緒」がついた状態の生まれて間もない子猫だったのです。

その子猫は鳴けないようでしたが、必死に路上を這って母親を見つけようとしていました。

すぐにその子猫を家に連れて帰ったキャスリンさんは、食事を与えて看病を始めました。

看病を続けた結果、子猫がどうなったのかは次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

人間に食べられる運命から逃れた牛を待ち受けていたのは犬としての人生!?

人間に食べられる運命から逃れられた牛に待っていたのは犬としての人生!?ほっこりする幸せそうな様子はこちら・・・

子猫が頑張って近づいてくれたがなぜか何度もつまずいていた→女性が心配になって拾い上げると…!

何度もつまづく子猫 約1年前のこと。 動物病院の看護師であるブリアナ・ウオーカーさんは、愛犬といつも …

ずっと待ち焦がれていた家族と出会い、喉のゴロゴロが止まらない猫に胸が熱くなる・・・

運命の出会い アイロの飼い主さんであり、 画像サイト「Imgur」のユーザーでもあるGonestar …

ワンちゃんの近くに猫たちが集まる、猫特有のあるあるな理由がこちら…(笑)

ワンちゃんのもとに集まる猫 犬は雪が降ると、まるで小さな子どものように雪で遊ぶのが大好きです。 一方 …

失明を免れ、シェルターは快適なはずなのに不機嫌そうだった犬が願っていた幸せとは?

失明の危機から免れ、シェルターも快適なはずなのになぜか不機嫌そうだった犬!この犬が願っていた幸せとは?詳細はこちら・・・

PREV : 119番通報するも朦朧とする意識!そんな中、オペレーターのこの一言に救われた・・・
週刊少年ジャンプのロゴを反転させると…!これは目からウロコの衝撃事実・・・ : NEXT