Lenon


Lenonをフォローしよう!


全身が毛玉で覆われた13歳の老猫は大量の毛から解放されてとても嬉しかったようで…!


毛玉に覆われた老猫

バターカップの飼い主は、引っ越す際にバターカップを置いていってしまいました。

それから何年もの間、バターカップは空き家となった家で暮らし続けていたのですが、

汚れなどが原因で彼の体には巨大な毛の束ができてしまったのです。

動物保護団体「ネバダSPCA」へ保護された時にはご覧の通り、

毛の塊に身体を蝕まれているような状態でした。

毛玉が原因で13歳という老体でありながら、体重は11キロもあったそうです。

こんなに毛の束に苦しんでいる猫は、施設の職員も初めて見たと言います。

長い月日をかけて蓄積した毛玉を除去するのは大変でしたが、

痛みを伴うトリミングにもバターカップはじっと耐えていたそうです。

こまめに休憩を挟みながら、丁寧にブラッシングしていました。

バターカップは休憩時間になると、

スタッフに抱き着いて不安な気持ちを落ち着かせようとしていたそうです。

大量の毛からの解放

そしてついに、トリミングが終わりました。

生まれ変わったバターカップを見たスタッフたちは、きれいな彼の姿に涙したと言います。

「バターカップの肌は驚くほど乾燥していました。私達は肌の回復を助け、気持ちを落ち着かせるためにオイルとローションを塗りました。」

それから毎日、バターカップの肌にオイルを塗ってあげてました。

太り気味だった彼のために、ダイエット用の高級キャットフードも与えました。

スタッフたちの愛情を一心にうけたバターカップは、人に甘えるようなしぐさを見せるように。

元飼い猫だったので人には慣れていたようですが、

もともと甘えん坊な性格だったようで人に抱っこされるのが大好きとのこと。

社交的な性格をしているので、施設で暮らすほかの猫たちとも仲良くやっていけているということです。

施設は今、バターカップの里親探しに力をいれています。

人懐こくてかわいらしい顔立ちをしたバターカップなら、すぐに素敵な飼い主さんが見つかりそうですね。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

飼い主が死んだ後に放置された結果、毛玉が巨大化しすぎて大変なことになった猫!

助けを求めるかのように近づいてきたボロボロの野良猫の姿に心を痛めた女性の行動に感動・・・

誰もが無視する中、雪に埋もれて動けなくなっていた猫!1人の男性が素晴らしい英断を下す・・・

毛が絨毯のようになってしまい、不自由な思いをしていた猫!毛を刈るとこんな姿に・・・

虐待され、体がコンクリートにまみれていた猫!「絶対に助ける」という思いが奇跡の復活をもたらす・・・

出典:nevadaspca.org


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ずっと引き取ってもらえずにいた耳のない老猫に”運命の”里親さんが現れる!

猫は大人になると、引き取り手が少なくなります。 まして老猫で障害があるとなおさらです。 ところが、猫 …

ひき逃げに見舞われ、雪の中に放置された犬を助けたのは顔が見えない人々によって助けられる…!

今回は、アメリカのノースカロライナ州カバーラス郡で車にひき逃げされた1匹の犬を巡った、 心温まるエピ …

山を歩いていたら道に迷ってしまった男性→彼を道案内してくれたのは1匹の猫だった!

ギンメルヴァルト村の山歩き ワンちゃんが盲導犬として、人間の移動を導くということはよく目にする光景で …

このワンちゃんが玄関から部屋に入ることができない理由が情けなくて笑わずにはいられない!

愛犬は時に飼い主さんが想像もしていなかったことをして、 飼い主さんをびっくりさせたり笑わせてくれたり …

いつも猫と一緒にご飯を食べている飼い主がいつまでも食事をとらずにいると?これは羨ましすぎる!

猫好きにとっては羨ましくなるようなツイートをご紹介!いつも猫と一緒にご飯を食べている飼い主がいつまでも食事をとらずにいると?

PREV : 突発性難聴になったら『全て』を投げ捨て、48時間以内に病院へ行くことを心に刻んでください!
119番通報するも朦朧とする意識!そんな中、オペレーターのこの一言に救われた・・・ : NEXT