Lenon


Lenonをフォローしよう!


全身が毛玉で覆われた13歳の老猫は大量の毛から解放されてとても嬉しかったようで…!


バターカップ

ペットの毛はマメにブラッシングをしてあげないと、

すぐにもつれてしまい全身が毛玉まみれになってしまいます。

「バターカップ」という名前の猫はもともと飼い猫でしたが、

ある日突然飼い主さんに捨てられて空き家に置き去りにされました。

長い間空き家で過ごしていた彼の全身には、大きな毛の束がいくつもぶら下がっていたのです。

飼い主に捨てられたバターカップを哀れに思った近所の人がご飯のお世話をしてくれていたので、

餌に困ることはありませんでした。

しかしブラッシングまではしてもらっていなかったので、

彼の体には何キロもの毛の塊が付着してしまったのです。

無残な姿になってしまった彼の姿を目撃した人が地元の動物保護団体へ通報し、

バターカップはようやく保護されることとなりました。

その後のバターカップの姿は、次のページにご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

猫がいつもどこを散歩しているのか調べるためにGPSをつけた結果、驚愕の事実が判明!

街中を歩いていると日当たりの良さそうな民家の軒下で、 どこかの猫が心地よさそうにひなたぼっこしている …

年老いた愛犬のために写真を21枚撮り続けた→最後の写真に涙がとまらない・・・

歳をとるという事 いつも共に過ごしてきた家族のような愛犬。 人間と同じく犬もまた歳をとり、段々と衰え …

激昂するヤギと人間の議論!その真剣さと熱さが漫才のようで笑える(笑)

今回ご紹介するのは、男性とヤギが繰り広げる議論の様子です。 哲学者のような風貌を持つヤギですから、こ …

シェルターに引き渡された犬は檻の中で涙を流していたが外に出られると・・・

南カリフォルニアのロサンゼルス郊外の街であるカーソンには、 カリフォルニアでも高い殺処分率のシェルタ …

子熊が「やあっ!」と挨拶する1枚の画像が秀逸なコラに大変身9選!

寝ている親熊のよこで挨拶をしているように前足を上げている子熊の画像。 この画像は、写真家のMaraz …

PREV : 突発性難聴になったら『全て』を投げ捨て、48時間以内に病院へ行くことを心に刻んでください!
119番通報するも朦朧とする意識!そんな中、オペレーターのこの一言に救われた・・・ : NEXT