Lenon


Lenonをフォローしよう!


顔の曲がったワンちゃんに対してこの獣医は安楽死ではなく里親という選択を選んだ!


顔が曲がったワンちゃん

ある日、

生後4ヶ月の犬「スクィッシュ」がアメリカにある「カヤホガ動物保護センター」に運び込まれました。

彼は顔が全体的に変形してエサを自力で食べるのも難しい状態なのに、

尻尾を振って助けてくれたセンターのみんなに愛らしい素振りを見せます。

犬に噛まれたことによる感染症が原因と考える獣医たちは、

スクィッシュにできる限りの処置を施しましたが状態は悪化するばかりです。

このままでは苦しみながら死ぬだけだと考え、彼を安楽死させることに決めました。

それまでにできることをしたいと最新医療設備がある動物病院でCTスキャンした所、

彼の顔は誰かが何度も殴ったせいで変形したことが発覚します。

彼はどういった経緯で獣医に引き取られたのか、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

19枚の美しい写真!一流カメラマンが撮影した写真に収められたカエル達の世界をご覧ください・・・

カエルのご案内 カエル好きの方には必見です! あの可愛らしいカエルが、さらに愉快で美しく画像化されま …

人間の見世物に利用され、鼻やあごを失ってしまった犬→過去に同じような経験を受けた里親と育まれた絆に感動…!

虐待イベント、ブルベイティング 今では違法とされている「ブルベイティング」というイベントに利用され、 …

麻痺を起こしたままの状態でゴミ箱に捨てられていたワンちゃんがようやく救助された結果・・・

麻痺を起こしたままの状態で、ゴミ箱に捨てられていた「スザンナ」と言う名のワンちゃん!ようやく救助されましたが、スザンナの運命は?

何度も里親にドタキャンされて2年半家族と出会えない苦しみを味わった犬の運命は?

生後7ヶ月の幼さで、放浪犬として保護された1匹の犬がいました。 当初その犬は別の預かり先で生活してい …

野生をなくしすぎておっさんと化したワンちゃんの衝撃的な寝姿に爆笑不可避!

犬は、緊張する場所では決してお腹を見せて寝ることはありません。 敵に柔らかいお腹を見せて、食いちぎら …

PREV : 「あなたは著作権を侵害している」と記載されたハガキが届いてゾッとした!その真相は?
多くの人が意外と知らない新生児が死亡する危険性のあるNG行動がこちら・・・ : NEXT