Lenon


Lenonをフォローしよう!


見た目は子供のドールサイズだけど13歳のシニア猫が安楽死の危機を乗り越え、飼い主に毎日感謝を伝える!


見た目は子供のシニア猫

今回ご紹介する小さな猫は、もう13才のシニア猫です。

しかし体重は2キロほどしかなく、まるで生後4ヶ月の子猫のようです。

名前はティムタムといいます。

地域のシェルターで暮らしていたのですが期間が過ぎても飼い主が見つからず、

もう少しで殺処分をされるところでした。

しかし、テキサスで猫サンクチュアリを営んでいるカリン・ポップリンさんが、

そんなティムタムのことを聞きつけて急いで助けに行きました。

カリンさんと夫のゲラルドさんが経営する『Kitty Adventure Rescue League and Sanctuary』は、

特別なケアが必要な猫や高齢猫など、

飼い主を見つけることが難しいだろうと思われる猫たちの保護をしています。

ティムタムは、そこの猫たちの仲間入りをすることになりました。

その後、ティムタムにはどんな暮らしが待っているのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

生まれた時から前足が不自由だった猫!生きるためにとった行動に誰もが驚いた・・・

ピッピン この子の名前は「ピッピン」。 フサフサの毛並み、丸い目をした可愛らしい猫さんです。 しかし …

ずっと待ち焦がれていた家族と出会い、喉のゴロゴロが止まらない猫に胸が熱くなる・・・

運命の出会い アイロの飼い主さんであり、 画像サイト「Imgur」のユーザーでもあるGonestar …

最後にもう一度だけ雪を見せてあげたい…愛犬を安楽死させなくてはならない女性の願いが夏のテキサスに届いた!

スパンキーの異変 「血管肉腫」という癌をご存知でしょうか? 血管肉腫は悪性腫瘍で血管によく似た形成を …

幸せが続くと信じて生きてきた20歳の老犬に待ち受けていたのはあまりにも残酷な運命だった…!

幸せが続くことを信じて生きてきた「ソノマ」と言う20歳の老犬!しかし待ち受けていたのは、あまりにも残酷な運命だった・・・

生まれつき水頭症や眼瞼内反症などの病気を抱えた子猫が小さな体で病気を克服し、元気な姿で恩返しする…!

エドワードという名前の猫は、アメリカはバージニア州の 「Richmond Animal Care a …

PREV : いとこの『Let It Go』、完成度もすごいけど後ろの2人の仕事ぶりが半端ない(笑)
骨董品店で購入した「サビている包丁」を研ぎ続けた結果→これは思わず見入ってしまう…! : NEXT