Lenon


Lenonをフォローしよう!


つらく苦しい経験を乗り越え、愛情を知った猫のどんよりとしていた目はキラキラ輝くようになり・・・


猫のマーセル

マリーさんは自宅近くで、全身が汚れている悲しい目をした野良猫を見つけました。

彼女はこの猫を助けるために捕獲しようとしますが、警戒心の強い野良猫は逃げてしまいます。

その後時間はかかったものの、何とか保護することに成功しました。

猫と一緒に獣医の元へ行ったマリーさんはその日だけ、自宅へ連れて行きました。

その後は動物保護センターが猫を引き取り、適切なケアやリハビリを行うことになりました。

マーセルと名付けられた猫は神経質でシャイなようで、

常に顔を下げて視線を合わせないようにしていました。

厳しい野良生活から、人に保護される生活へ変わったマーセルどう変化していくのでしょうか?

その後の経過は、次のページで詳しくお伝えいたします。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

家族の一員として赤ちゃんの誕生を待ちわびる猫から溢れる家族愛にほっこり・・・

セムソン 猫のセムソンは発見された時、生まれて2週間ほどしか経っていませんでした。 満足に歩くことも …

出産間近の鹿が車に轢かれるのを見た男性が咄嗟にとった行動で新しい命が救われた!

カナダに住んでいるシーン・スティールさんはその日、奥様と共に車で釣り場に向かっていました。 その最中 …

病気のせいで捨てられてしまったハスキー犬→拾った男性が元飼い主に言った痛快なセリフを浴びせる!

動物はいいですよね。 一緒に居るだけで元気な気分になったり、落ち込んでいる時も慰めてくれるよき相棒の …

愛犬の安楽死を決めた飼い主が「最期の散歩」を呼び掛ける→胸が熱くなる光景が待っていた…!

イギリスの南西部に住んでいるマーク・ウッズさんは、あるつらい決断をしました。 18歳と高齢になる愛犬 …

ベッドを2階に運んでいたら途中で…猫さんの悲しすぎる結末がこちら・・・

猫の長い髭はアンテナの役割をしています。 その機能で、狭い隙間や高い場所の距離感を測っているのです。 …

PREV : コマツの元社長が個人で出した新聞の広告に思わず言葉を失うほど感動した・・・
ある女性が妊娠中に職場の先輩ママから言われた言葉が、耳が痛いけどグッとくる…! : NEXT