Lenon


Lenonをフォローしよう!


違法に観光資源として利用され、虐待に苦しんでいたゾウが生まれて初めて触れた愛情とは?


ゾウたちへの虐待

東南アジア諸国には子象を母象から離し、最低1週間は檻に足を縛り付けて隔離する習慣があります。

そして子象たちは、檻の中で様々な拷問を何年も受け続けます。

虐待によって疲れ果てたゾウたちが死を望んだ時、

象使いたちは水と食料を与えることで彼らを飼い慣らしていきます。

そして、観光産業や違法な林業などに利用するのです。

この恐ろしい儀式を終わらせるべく、

タイ人活動家のサングドゥエン・チャイラートさんは活動しています。

レクさんは幼い頃、傷を負ったオスのゾウが無理矢理働かされているのを見たそうです。

「仕事に戻れ」と飼い主さんが叩いた時、

そのゾウが怒りと悲しみの表情を浮かべていたのが忘れられないと語ります。

レクさんはどんな方法でゾウたちを守るのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

大型犬に成長しても「自分は子犬」であると思い込んでいるワンちゃんたち8選!

小さい頃は、膝に乗せたり一緒に添い寝したりするワンちゃんですが、成犬になると少し重くなります。 小型 …

瀕死状態で皮膚がボロボロになった野良犬。2ヶ月の治療後に奇跡の大変身!

※治療前の姿の写真や動画は皮膚がボロボロで大変痛々しい姿をしています。苦手な方はご注意下さい。 痛々 …

フェンスに挟まった雛を人間が助けようとした時、必死に守ろうとする親鳥の姿に胸が熱くなる…!

フェンスに挟まっていた雛を人間が助けようとしました!その時、外敵だと勘違いした親鳥が必死に守ろうとする姿に胸が熱くなる・・・

捨てられていたイチゴ風味の飲み物を子グマが口にした結果、哀しい出来事の引き金となる…!

知床国立公園 知床は日本の最東北端に位置しており、そこには知床国立公園があります。 その公園ではヒグ …

犯罪者の車から保護された子犬は薬漬けにされていた!死の淵から立ち直り、幸せをつかむまでの軌跡に涙が止まらない・・・

犬は飼い主がいても幸せとは限りません。 もしその飼い主が麻薬を扱う犯罪者だったら、 その麻薬を犬に与 …

PREV : 赤ちゃんの初めての注射をそばで見守るパパの行動が笑えるけどほっこり…!
結婚するまで父が母に秘密にしていた「ある地図」の出来栄えが凄すぎると話題に! : NEXT