飼い主に「もういらない」と売られた2匹の犬を、悪徳業者と戦う人々が救う! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


飼い主に「もういらない」と売られた2匹の犬を、悪徳業者と戦う人々が救う!


救いの手

幸いなことに、リリーとピンチのもとへ救いの手が差し伸べられました。

韓国では、犬肉の流通は法律で認められていますが、

2匹が売られた肉業者は営業許可を持たない違法業者だったのです。

そこに動物愛護団体『Humane Society International(HSI)』が地元の愛護関係者と協力して、

リリーとピンチを含む合計35匹の犬を救出しました。

「ここの生活は過酷なものです。絶望に満ちた檻の中から、来る日も来る日も仲間が殺されていく光景を目にし、最低限のエサだけを与えられる恐ろしい光景です。」

HSIのスタッフの1人であるデレクター・ケリーさんはこのように語ります。

救出された35匹のうち31匹が希望の地「ノースカロライナ・シェルター」へ向け、

アメリカへと旅立ちました。

悪徳業者との戦い

ノースカロライナでは適切な医療措置を受けられ、

愛される家庭犬として安心して生きていくことができます。

そう遠くない未来に、リリーとピンチは素晴らしい人間に巡り会えるでしょう。

もちろん、『肉』ではなく『犬』としてです。

「彼らは肉ではありません。普通に犬らしい犬なのです。」

ケリーさんはそう語りました。

HSIは韓国の食肉流通業者と戦い始めて、これまでに5つの悪徳業者を廃業に追い込みました。

現在では地元の動物愛護団体の協力もあり、約525匹の犬をアメリカに脱出させています。

犬は物ではありません。

悲しみの感情も、喜びの感情も持っています。

リリーとピンチがこの飼い主に飼われていた時、果たして幸せだったのでしょうか?

そして、尊い命を無造作に扱う悪徳業者も許されません。

酷い話でしたが、せめてリリーとピンチがアメリカで幸せになることを願うばかりです。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

救った犬は200匹以上!20年以上も犬を助けるために活動を続けている韓国人女性の生き様が話題に・・・

最終的に人間が食べるために飼育されていた韓国の犬夫婦→アメリカの保護団体に引き取られ、離れ離れになるものの奇跡の再会を果たす…!

食べられる運命にあった10匹の子犬が1人の女性によって幸せな暮らしを手に入れる!

動物保護団体「アニマル・エイド・アンリミテッド」の活動から動物救助のあるべき姿について考えさせられる…!

食肉処理工場で廃棄処分されかけていた犬を救助!全ての足の先を失いながらも懸命に生きようとする姿に胸が熱くなる・・・

出典:The Dodo/Facebook



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「障害はこの子が持つ魅力の一つ」脳障害を抱えた子猫に愛情を注ぐ女性の想いに感動・・・

「障害はこの子が持つ魅力の一つ」脳障害を抱えた子猫に愛情を注ぐ女性の想いとは?胸が熱くなるエピソードはこちら・・・

扉にぶら下がる赤ちゃんパンダ!「もっと遊びたい~」と訴える姿がかわいすぎる・・・

パンダって、何をしていても可愛いですよね。 起きていても笹を食べていても寝ていても可愛い、その姿や行 …

天国に旅立った愛犬の墓の上に愛犬がいた!?近づいて分かったその正体とは…?

長年共に暮らしていた愛犬の死は、とてもつらいことです。 遠い親類が亡くなるよりも、いつも側で自分を慰 …

リュックに閉じ込められた状態で住宅街に捨てられ、家族も居場所も失った老犬の運命は!?

リュックの中に閉じ込められた状態で、住宅街に捨てられていた老犬!家族も居場所も失ってしまった彼女の運命は?詳細はこちら・・・

グループ内でいじめられ、追い出されて一人ぼっちになってしまった野良猫→人の優しさに触れたことで、今度はその優しさを他の野良猫に伝えます…!

大きくて寄り目がちの可愛い瞳が特徴的な元野良猫のバブル君。 しかし一緒に暮らしてきた野良猫のグループ …

PREV : 結婚80周年記念日の前夜、「ハロー」としか喋れなくなった妻に夫が手を差し伸べながら伝えた言葉に心温まる・・・
赤ちゃんの初めての注射をそばで見守るパパの行動が笑えるけどほっこり…! : NEXT