Lenon


Lenonをフォローしよう!


25歳の誕生日を記念して自分へのプレゼントとして飼い始めた犬の衝撃的なビフォーアフターがこちら!


自分へのプレゼントに犬

誕生日などの記念日に、プレゼントを貰うのは嬉しいものです。

しかし日頃頑張っている自分に、ご褒美として贈り物を考えるのも生活の励みになるのではないでしょうか?

最近はバレンタインデーに男性へチョコレートを贈るより、

自分のご褒美に高額なチョコを買う傾向もあります。

Imgurユーザーのjekyllandclydeさんは25歳の誕生日を迎えるにあたって、

自分へのプレゼントとして新しい家族を迎えることにしました。

家族になったワンちゃん名前は「テディ」。

青い瞳に個性的な柄で新種の犬に見えますが、

この子はオーストラリアンキャトル・シェパード・ゴールデンレトリバーのミックス犬とのこと。

最近は、より個性的な犬を求める方が多くミックス犬も人気ですが、

jekyllandclydeさんがテディを譲り受けたのには違う理由がありました。

テディは施設に保護されていた犬なのです。

愛に恵まれなかったテディは、初めは全く違う表情をしていたそうです。

その衝撃的なビフォーアフターを、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

この猫はいつも悲しそうな瞳をしていた→そんな猫が幸せな暮らしを手に入れた結果…!

動物達の顔にもそれぞれの特徴があります。 また彼らはとても表情豊かで、すねたり怒ったりもします。 一 …

「犬猿の仲」なんて…!我が子のように子犬と接するサルの姿が話題に・・・

仲が悪い様子を「犬猿の仲」などと言いますよね。 日本では「犬と猿は仲が悪い」と言われていますが、 イ …

ハスキー犬を助けた女性!しかし、本当に助けられたのは女性の方だった・・・

カイロ 地域情報コミュニティサイト「Craigslist」で、 ハスキー犬の里親を募集している広告を …

飼い主に捨てられて無残な姿になってしまったゴールデン・レトリバーの運命は…?

ゴールデン・レトリバーは大型犬ですがその性格は温厚で、セラピードックとしても活躍をしています。 フサ …

人間に助けられた子供のワラビーは野生に帰った後、自分の子供を恩人に紹介してくれました!

オーストラリアにある野生保護団体に所属しているRetboopさん。 傷ついた野生動物を治療し、野生に …

PREV : 40年前から台湾の老人がある日本人のために毎年慰霊祭を行う理由に胸が熱くなる・・・
金髪美女のイモト!?竹内結子がインスタに投稿したイモトアヤコが別人すぎると話題に! : NEXT