Lenon


Lenonをフォローしよう!


25歳の誕生日を記念して自分へのプレゼントとして飼い始めた犬の衝撃的なビフォーアフターがこちら!


自分へのプレゼントに犬

誕生日などの記念日に、プレゼントを貰うのは嬉しいものです。

しかし日頃頑張っている自分に、ご褒美として贈り物を考えるのも生活の励みになるのではないでしょうか?

最近はバレンタインデーに男性へチョコレートを贈るより、

自分のご褒美に高額なチョコを買う傾向もあります。

Imgurユーザーのjekyllandclydeさんは25歳の誕生日を迎えるにあたって、

自分へのプレゼントとして新しい家族を迎えることにしました。

家族になったワンちゃん名前は「テディ」。

青い瞳に個性的な柄で新種の犬に見えますが、

この子はオーストラリアンキャトル・シェパード・ゴールデンレトリバーのミックス犬とのこと。

最近は、より個性的な犬を求める方が多くミックス犬も人気ですが、

jekyllandclydeさんがテディを譲り受けたのには違う理由がありました。

テディは施設に保護されていた犬なのです。

愛に恵まれなかったテディは、初めは全く違う表情をしていたそうです。

その衝撃的なビフォーアフターを、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

保健所へ出戻りしてしまった猫→新たな里親に引き取られたら、悲しげな表情がこんなに変わった!

出戻り この猫の名前は「エミール―」。 オッドアイが魅惑的な彼女は、野良猫でした。 生まれつき前足が …

虐待されたこの犬は、人間と仲良くなることを拒んだ!心を癒すたった1人の小さな親友を除いて・・・

カナダに住むエリザベス・スペンスさんは、 動物保護シェルターで8歳のイングリッシュポインターという種 …

ヒーローのコスチュームを身に纏った5歳の男の子が野良猫を救う!これぞ本物の救世主だ…!

ヒーローのコスチュームを身に纏い、野良猫を救う5歳の男の子!これぞ本物の救世主だと感じさせられる姿はこちら・・・

怪我を負ったことで食用として屠殺される予定だった2頭のロバが奇跡的に生き延びる!

食用のロバ 日本では牧場や動物園で見ることの多いロバですが、海外では荷役用として飼育する国があります …

耳をかこうとするも、赤ちゃん体型すぎて後ろ足が上がらずに転がってしまう子猫が可愛すぎる(笑)

耳をかきたい子猫!しかし赤ちゃん体型すぎて後ろ足が上がらず、コロンと転がってしまう(笑)可愛すぎる動画はこちら・・・

PREV : 40年前から台湾の老人がある日本人のために毎年慰霊祭を行う理由に胸が熱くなる・・・
金髪美女のイモト!?竹内結子がインスタに投稿したイモトアヤコが別人すぎると話題に! : NEXT