SOSを出して助けを求めているかのように近寄ってきた野良猫の後を付いて行くと・・・ | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


SOSを出して助けを求めているかのように近寄ってきた野良猫の後を付いて行くと・・・


子猫救出作戦

到着したアニマルレスキューのスタッフは、ツナの匂いを染み込ませたスカーフを排水溝の蓋のそばに置き、

子猫を誘い出す作戦に出ました。

子猫が自力でパイプを登ってくるのを期待して待つつもりです。

しかし子猫は怯えきっていて、スカーフには全く興味を示しません。

「このままでは子猫が危ない。」そう考えたスタッフは作戦を変え、

近くのマンホールから子猫のいるところに近づき、捕獲器を仕掛けることにしました。

そして捕獲した母猫の鳴き声を録音し、その声を使って子猫を捕獲器の方へと誘導しました。

なんとか子猫を救いたいと、アニマルレスキューのスタッフは粘り強く待ち続けました。

すると待ち続けた甲斐あり、「ガシャン」という捕獲器の扉が閉まる音が聞こえたのです。

ついに、子猫は捕獲器の中に入ってくれました。

なんと、発見からすでに48時間が経過していました。

猫の親子のその後

どうにか子猫を捕獲することができました。

子猫は怯えていたものの、幸いにも怪我は負っていないようでした。

無事に保護されたことに、リサさんとアニマルレスキューのスタッフはホッと胸をなでおろします。

その後、子猫は共に保護された母猫と妹猫と一緒にボランティアの元に引き取られ、

元気にすくすくと育っているそうです。

子猫の危機をなんとか救おうと、人間に助けを求めた母猫の知恵と行動力は大したものですね。

人間と変わらない親子の愛情を感じます。

奇跡的に一命をとりとめた子猫の、これからの幸せな一生を祈りたい気持ちです。

子を思う母猫と妹猫との仲良し猫一家を、

できれば一緒に飼ってあげられる優しい里親さんを望みたいですね。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

下水溝で溺れかけていた子猫が勇敢な男性に救われて美しく成長する姿に胸が熱くなる…!

100時間にも及ぶ救出活動の末に排水溝に落ちた子猫の尊い命が救われた…!

排水溝の蓋に猫の頭がはまってしまった!消防隊が”ある道具”を使った結果・・・

助けを求めるかのように近づいてきたボロボロの野良猫の姿に心を痛めた女性の行動に感動・・・

「助けてくれてありがとう」ボロボロの体でさまよっていた野良の子猫がたった1日で大変身!

出典:LoveMeow



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

新入りの子猫が先輩ワンちゃんに勇気を出して挨拶した結果が可愛すぎた・・・!

仲間として過ごしていくうえで、まず大事なのは初対面の時のの挨拶です。 新しい家にやってきたばかりの子 …

捨て猫を保護→しかし「また捨てられる!」と勘違いしてしまっていたようで・・・

ある野良猫は、飼い主の勝手な事情により捨てられてしまって野良猫になりました。 しかし元々が飼い猫だっ …

路上をさまよっていたホームレス犬に180度違う人生をもたらした女性との出会い!

見るからにボロボロのワンちゃんです。 皮膚病なのでしょうか、毛色が分からないほど抜け落ちており、 栄 …

犬が公園で名演技を繰り広げ始めた瞬間、何気ない日常にハプニングが舞い降りる!

公園で動かない犬 多くの人々が集まって賑やかな、オーストラリアの公園で起きた出来事です。 大勢の人た …

猫が虐待によって口の骨が折れてしまったにもかかわらず、激痛に耐えて無理に食事をとる理由は無償の愛だった…!

最近の風潮として、全ての事を経済的対価で測ってしまうという傾向が強いと思いませんか。 人々が、弱者へ …

PREV : 女性の警官が痴漢の被害者に言った「本質を突いた一言」に絶賛の声続々!
白バイ警官「そこのバイク停まって!」→その後言った予想外の言葉に笑った(笑) : NEXT