Lenon


Lenonをフォローしよう!


原因不明の病魔に侵された愛犬に、飼い主は安楽死を決断→その時発見された耳の裏に小さな塊の正体とは!?


日に日に衰弱していくオーリー

シェットランドシープドッグのオーリーは、アメリカのオレゴン州にアルさんとジョエルさんの愛犬です。

10歳になるオーリーは大きな病気もせず、健康に楽しく暮らしていました。

アルさんとジョエルさんがキャンプに連れて行ってくれることも多く、自然を走り回って楽しそうに過ごしていました。

ある時、いつものようにキャンプから帰ってくると、オーリーの様子がおかしいことに気づきます。

だるそうに元気がない様子です。

アルさんとジョエルさんはいつもと違うオーリーの姿が気になり、動物病院へ行くことにしました。

検査を受けて原因を探るものの、どこにも異常が見当たりませんでした。

オーリーはどうなってしまうのでしょうか?

奇跡のお話が気になる方は次のページをご覧ください!

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

パピーミルの最悪の環境の中で生きていた犬が保護された瞬間に取った行動に胸が締め付けられる…!

アメリカの保護団体が違法なパピーミルに介入してみると、 その建物の洗濯室という劣悪な環境で生きている …

捨て猫を保護→しかし「また捨てられる!」と勘違いしてしまっていたようで・・・

ある野良猫は、飼い主の勝手な事情により捨てられてしまって野良猫になりました。 しかし元々が飼い猫だっ …

飼い猫との悲しい別れを経験した家族が訪れたシェルターで代わりの猫を見つけた時、感動の涙を流した…!

動物を飼っていれば、必ず別れが待っていますよね。 それは時として突然やってきます。 そんな悲しみに大 …

ラブラドール犬がダウン症の男の子へ寄り添う→心が通じ合う瞬間、自然と涙が溢れる…!

古くから日本人にもペットとして親しまれている犬。 ペットを飼うといえば「犬」を連想する方も多いのでは …

ずっと行方不明だった愛猫と念願の再会を果たした自閉症の少年!嬉し涙を流した感動の瞬間がこちら・・・

ストレスや強い不安感を和らげるために、動物の力を借りることをアニマルセラピーといいます。 動物と触れ …

PREV : さかなクンの講演会の正装はお魚帽子!?母が作ったカジキ帽
孫が「おばあちゃんは、きっと地獄に行った」と過激発言→その真意がカッコいい・・・ : NEXT