犬たちが平等な権利を得るために贈られたプレゼント!再び自由を手にした姿に涙・・・ | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


犬たちが平等な権利を得るために贈られたプレゼント!再び自由を手にした姿に涙・・・


走れる喜び

犬は走るのが大好きな動物です。

犬を飼った経験のある方はお分かりだと思いますが、

散歩が大好きな犬はドックランなどに放すと嬉しそうに駆け回ります。

そのような思いは、保護された犬たちも同じです。

ましてハンディのある犬たちは、さらに走りたい願望が強いかもしれません。

そのような犬たちにも特別仕様の車いすがあれば、脚が悪くても自由に走り回ることができます。

保護した犬たちに車いすを付けた病院側は次のようにコメントしました。

「彼らは車いすを手に入れると、喜んで太陽の下を駆け回り、草の中をかき分けました。時には競争をしているようでした。」

犬たちの平等な権利

病院の経営者であるFlorina Tomescuさんは次のように語ります。

「必要なケアを受けなければならない犬は、どの犬でもこのブカレストの路上で不安を抱える必要はないのです。」

生涯にわたって犬たちのケアをしてくれるこの病院では、冬に向けて家を用意しているそうです。

夏の間自由に外を駆け回った結果、多くの車いすは摩耗してしまいます。

体の成長なども考えると、他にも11台の車いすが必要なのだそうです。

「ここの犬達には、それぞれのストーリーがあります。しかしほとんどが、悲しいもの…。でも、今の彼らの姿を見て欲しい。下半身不随の犬たちが幸せでいること。それが我々のご褒美です。」

Tomescuさんはこのように語ります。

犬たちの権利と幸せを一番に考えるこの姿勢に、とても考えさせられました。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

「プレッツェル」のように変形した脚を持って生まれた子猫は壮絶な戦いの末に…!

下半身不随の犬とのボランティア先での出会い→帰国後、犬は悲惨なことになっていた…!

飼い主の深い愛情を受けて前向きに生きる、前足がない2匹のチワワたちに胸が熱くなる…!

車にはねられて下半身不随になった野良犬が1人の旅行者と出会って笑顔と自由を手に入れる!

後ろ脚が麻痺して動けなかったウサギを救ったのは、なんとスケートボードだった!

出典:The Dodo/Facebook



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

寒い日に玄関を開けたらやせ細った子猫がポツンと…男性の取った行動でホッとしたら・・・

もし出掛けようと外へ出た時、やせ細った子猫がちょこんとすわっていたらどうしますか? 「お腹すかしてい …

愛犬の安楽死を決めた飼い主が「最期の散歩」を呼び掛ける→胸が熱くなる光景が待っていた…!

イギリスの南西部に住んでいるマーク・ウッズさんは、あるつらい決断をしました。 18歳と高齢になる愛犬 …

危険な戦闘地域で出会った障害を持った子猫と兵士→子猫を思う兵士の取った決死の行動とは!?

アメリカ陸軍兵士のクリスティン・ボールディンさんは、アフガニスタンに派遣されていました。 その時、と …

女性がおじいちゃんに預けた猫が10年経ってもいまだに帰ってこない理由とは?

ある女性が自身のおじいちゃんに猫を預けたところ、10年経ってもいまだに帰ってこないようです…!その理由はこちら・・・

人間に助けられた子供のワラビーは野生に帰った後、自分の子供を恩人に紹介してくれました!

オーストラリアにある野生保護団体に所属しているRetboopさん。 傷ついた野生動物を治療し、野生に …

PREV : 神田沙也加が黒髪にイメチェンしたら母の松田聖子にそっくりになったと話題に!
ポッカサッポロのじっくりコトコトコーンポタージュの発売が一時中止する事態になった理由がこちら…! : NEXT