たとえ兄弟の中で1匹だけ容姿が違っていても、変わらぬ愛情を注がれて生きる姿に美しさを感じる…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


たとえ兄弟の中で1匹だけ容姿が違っていても、変わらぬ愛情を注がれて生きる姿に美しさを感じる…!


短脊椎症候群

エミューはなんらかの先天性疾患を抱えて生まれてきたのだそうです。

横に寝かせてみると、エミューの背中が少し短いのがわかります。

彼は「short spine syndrome(短脊椎症候群)」という、

脊椎が短く傾斜している遺伝的な病気だったのです。

飼い主のサルバトルさんは、以前にネットでエミューと同じような症状を患っている犬を見たことがあり、

その病気を分かっていました。

それでも、サルバトルさんは他の犬と同じように愛情を注いできたのです。

この短脊椎症候群という病気は先天性異常で脊椎や靭帯が短く、

足が不自由になったり長さや形に異常が見られます。

この病気にかかっている犬は、尻尾がなかったり極端に短かったりします。

しかし日常生活に支障はなく、健康的に暮らしていけます。

病気への理解

このクーダという犬も短脊椎症候群です。

しかし、彼女は幸せそうです。

病気による痛みも感じていないようです。

普通、犬の平均的な寿命は14年だといいますが、この病気を患った犬たちの最高寿命も14歳でした。

病気だからといっても、その寿命は決して短くはありません。

普通の犬たちと同じように元気に生きていけるのです。

現在この病気を抱えている犬は、分かっているだけで17匹いると言われています。

しかし、その犬たちは病気を理解している飼い主のもとで、幸せに暮らしています。

そんな実情を考えたときに飼い主は犬の病気を理解した上で、

その病気もひっくるめてその犬を愛することが大切だと気づきます。

病気だからと飼うのをやめてしまうのではなく、

それがその犬の特徴だと思ってより一層愛情を注いで暮らして行くことが、大事なのではないでしょうか?

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

胴が短いからというだけで捨てられた過去を持つ犬→その容姿が今や世界を虜にする!

世界一美しい犬の人生を大きく変えたのはたった1枚の写真だった・・・!

鼻と口を半分失った犬を見て誰もが逃げていった→でもその後の姿にきっと感動する…!

車道のゴミ袋が動いていた→なんと中には心無い飼い主に捨てられた犬が…その後、運転者の女性がとった行動が本当に素晴らしい!

場所や背景を知らずに見れば飼い犬の日常→でも本当は、あまりにも悲しいワンちゃんの実態!

出典:The Dodo/Facebook



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

18歳まで長生きした犬は最後に一つの願いを叶え、幸せに溢れながらこの世を去った・・・

最近では医療の発達と共に、ペット食が改善された結果ペットの高齢化が進んでいるので、 保護された高齢の …

パンダのような模様をした猫が話題に!特異な見た目でもみんなに愛されています・・・

病気のせいで非常にユニークな姿になってしまった猫がいます。 「パンダキティ」と名付けられた猫は、イギ …

パパ、ママ子育て奮闘中…!思わず応援したくなるワンちゃん達の頑張る姿8選!

子育てはかわいいだけでは終わりません。 「子供をきちんと育てよう」という思いとは裏腹に言うことを聞か …

動物だって自然災害の被害者!その被害者を助けるために彼らは立ち上がった・・・

アメリカのルイジアナ州で大きな洪水があり、7人が亡くなり2万人が救助されました。 1週間経ち、人々は …

インスタのフォロワーが12万人というワンちゃんと猫!アウトドア好きな2匹のワイルドライフがこちら・・・

Instagramのフォロワーが12万人いるというワンちゃんと猫をご紹介!アウトドアが大好きな2匹のワイルドライフはこちら・・・

PREV : ハチのコスプレをした可愛い女の子!一方、そのお母さんのコスプレは…(笑)
漫画から抜け出してきたかのように完璧な人造人間18号のコスプレ!大人気のロキシーワールドがこちら・・・ : NEXT