Lenon


Lenonをフォローしよう!


「何としても猫を助けたい」という思いから女性は火事の現場へと戻っていき・・・


北カリフォルニア州で起こった大規模な火災は、大きな被害を引き起こしました。

建物が燃えて、すっかり瓦礫の町と化してしまいました。

ブランディ・アンさんの家も全焼してしまいました。

さらに、愛猫であるアプの行方もわからなくなってしまったのです。

アンさんは友人のステフ・ゲディマンさんと共に、アプを探しに行くことにしました。

すべてが燃え尽きてしまった町はあまりに酷い光景で、ただ立ち尽くすばかりでした。

それでも、アンさんとステフさんはアプを探そうと火災現場に向かいました。

アンさんたちがアプを探して歩いているうちに、どこからか弱々しい猫の鳴き声が聞こえてきました。

周りを見渡すと、倒壊した家の中から灰をかぶった痛々しい姿の猫の姿がありました。

その猫はアプではありませんでしたが、アンさんはなんとかして助けたいと思いました。

アンさんはアプを見つけることができるのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

スピスピと悲しげに鳴いている愛犬の様子を見に行った→なぜワンちゃんにサイドカーが付いている!?

ワンちゃんにサイドカーが付いていた!?スピスピと悲しげに鳴いていた愛犬の様子を見に行った時に飼い主さんが目にした光景がこちら・・・

ウトウト夢心地の女の子→ワンちゃんが使っているクッションに頭がつくと笑撃の行動が飛び出した!

暖かいお部屋で眠くなてしまったのでしょうか。 ゲームか何かをやっていた女の子は、タブレットを膝に置い …

ひどい虐待を受けた犬たちが保護されている施設で作り上げた絆に涙が溢れる・・・

家族として大切に扱われるペットたち。 通常であれば、家族の一員として幸せな生涯を歩むことになります。 …

5年前まではがん病棟に犬なんて必要ないと思っていた…でも実際の医療現場を見て考えが変わった!

現在、子供が病気で亡くなる確率が一番高いのは小児がんです。 この小児がんは大人のがんよりは少ないので …

自然災害の写真を収めようとしていた→その数分後、まさかの救世主出現に驚かされる!

嵐に見舞われた南米の小さな町で起きた奇跡の救出劇。 そこに登場するのは私たち人間ではありません。 嵐 …

PREV : 「理不尽にも負けない心を」と綴られ、話題となったツイートの真実とは?
「ゴミのポイ捨てをしてはいけない」というメッセージを強く痛感させられる写真に絶句・・・ : NEXT