Lenon


Lenonをフォローしよう!


「自己責任で」と注意書きされたサメが泳いでいる水槽に男性が触った結果、予想通りの展開に・・・


世界にはたくさんの博物館がありますが、

アメリカのワシントンD.Cに私営の『国際スパイ博物館』という博物館があるそうです。

展示内容は古代ギリシャから現代にいたるまで、世界各国のスパイ関係の所蔵品が展示されているそうです。

まるで映画のスパイ活動に使われたような物ばかりありますが、実際に使われていた道具とのこと。

見るだけでも面白そうな博物館ですがアトラクションも用意されており、

中でも驚きなのが「サメの水槽」です。

水槽の上には『自己責任で(画面に)触って下さい』との注意書きが書いてあるのですが、

触ると一体何が起るのでしょうか?

「やっぱりそうなるよね!」と納得してしまう反応を、次のページにてご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

子猫とパパ猫の対決!?どうしても触れ合いたいパパ猫が恐る恐る近づくと予想外の展開に…!

とあるお宅で、父猫が子猫達の様子を見守っていました。 父猫はなんとか、可愛い子猫たちに近づき触れ合い …

かわいらしく楽しそうな決定的瞬間の真実!イルカが実はかなりブラックだった・・・

時として見た目と異なる真実を知り、衝撃を受けることがあります。 今回ご紹介する画像も、真実は驚くべき …

病気の犬に育てられた子猫→育ての犬が発作を起こした時、子猫は…運命の絆で結ばれ、種を越えた“親子”!

犬のトビーは、生後11週の子猫ジンクスが家にやってくると、まるで自分が親であるかのように世話をしまし …

これはちょっと嬉しくなる!犬が排便する時に飼い主をジッと見つめるのはなぜか知っていますか?

ワンちゃんを飼っている方にとってはよくある出来事かもしれません。 ワンちゃんは排便をする時、なぜか飼 …

後ろ足がない状態でも必死に生きようとする子ヤギの姿に胸が熱くなる・・・

草食動物は他の動物とは違い、産まれてすぐに立ち上がらなくてはなりません。 そこが野生の世界だった場合 …

PREV : シールで修正された文字すら間違っている!修正跡を剥がすとさらなるミスが発覚(笑)
一体何を!?難攻不落な姫路城の石垣を自衛隊が登っている理由とは・・・? : NEXT