Lenon


Lenonをフォローしよう!


「自己責任で」と注意書きされたサメが泳いでいる水槽に男性が触った結果、予想通りの展開に・・・


世界にはたくさんの博物館がありますが、

アメリカのワシントンD.Cに私営の『国際スパイ博物館』という博物館があるそうです。

展示内容は古代ギリシャから現代にいたるまで、世界各国のスパイ関係の所蔵品が展示されているそうです。

まるで映画のスパイ活動に使われたような物ばかりありますが、実際に使われていた道具とのこと。

見るだけでも面白そうな博物館ですがアトラクションも用意されており、

中でも驚きなのが「サメの水槽」です。

水槽の上には『自己責任で(画面に)触って下さい』との注意書きが書いてあるのですが、

触ると一体何が起るのでしょうか?

「やっぱりそうなるよね!」と納得してしまう反応を、次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

保護されてからずっと支え合ってきた親友と1か月ぶりの再会を果たしたオマキザルの表情に強い絆を感じる…!

施設に保護されてからずっと支え合ってきた親友と1ヶ月ぶりに再会することになったオマキザル!その時の表情は2匹の強い絆を物語っていた・・・

虐待の傷跡を再現した犬のぬいぐるみがたくさんの動物を救う!そこには虐待に負けなかった証が刻まれています・・・

弱者や動物への虐待は絶対に許すことができません。 虐待は肉体だけでなく、精神的にも深い傷を残します。 …

人間と同じように育てられた結果、自分を人間だと思っているかのように生きる犬!

ラガー 皆さんはペットを飼っていますか? 自分で手間暇かけて世話をする訳ですから、 飼い主さんの誰も …

事故で下半身が麻痺した野良猫を救ったのは「天使のような姉妹」と話題の2人の女性だった!

天使のような姉妹 アラブ首長国連邦在住のアメ・アリ(Ame Ali)さんとその妹さんは15年ほど前か …

慎重に近づいた時、動かない動物の弱い息遣いに気づいた男性→そして男性がとった行動とは…!?

マサチューセッツ州のファルマスという小さな町がありました。 その街を散歩していた男性が見つけたのは、 …

PREV : シールで修正された文字すら間違っている!修正跡を剥がすとさらなるミスが発覚(笑)
一体何を!?難攻不落な姫路城の石垣を自衛隊が登っている理由とは・・・? : NEXT