Lenon


Lenonをフォローしよう!


「自己責任で」と注意書きされたサメが泳いでいる水槽に男性が触った結果、予想通りの展開に・・・


世界にはたくさんの博物館がありますが、

アメリカのワシントンD.Cに私営の『国際スパイ博物館』という博物館があるそうです。

展示内容は古代ギリシャから現代にいたるまで、世界各国のスパイ関係の所蔵品が展示されているそうです。

まるで映画のスパイ活動に使われたような物ばかりありますが、実際に使われていた道具とのこと。

見るだけでも面白そうな博物館ですがアトラクションも用意されており、

中でも驚きなのが「サメの水槽」です。

水槽の上には『自己責任で(画面に)触って下さい』との注意書きが書いてあるのですが、

触ると一体何が起るのでしょうか?

「やっぱりそうなるよね!」と納得してしまう反応を、次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

子鹿を助けるため、自分の身長より深い上に氾濫した川に飛び込んだ少年!救出劇の結末は…?

困っている人を助けるのには、勇気がいります。 助けたくても勇気がないせいで行動に移せず、自己嫌悪に陥 …

トラックの窓から犬を放り投げた男をこの女性は絶対に許さない!激怒してこんな行動をとった・・・

ディオン・コールさんが職場へ向かう途中、トラックを運転していた男が窓から犬を放り投げたのを目撃! デ …

超絶かわいらしいニャンコ!思わずニヤける甘えん坊猫の動画を3連発でご覧ください…!

猫というのはいつも気まぐれで、 こちらが何をしていようがお構いなしに甘えてきたり運動会が始まったり… …

誰も引き取り手が現れなかった3本しか脚がない犬の家族となったのは・・・

3本しか脚がないことが災いし、誰も引き取り手が現れなかった犬!そんな犬が運命の出会いを果たした家族は・・・

海に浮かぶ子猫は呼吸が止まっている!沿岸警備隊が懸命に人工呼吸を続けた結果・・・

イタリアのシチリア島にマルラーサという港町があります。 そこの子供たちが気を失い浮かんでいる子猫を発 …

PREV : シールで修正された文字すら間違っている!修正跡を剥がすとさらなるミスが発覚(笑)
一体何を!?難攻不落な姫路城の石垣を自衛隊が登っている理由とは・・・? : NEXT