Lenon


Lenonをフォローしよう!


安楽死寸前の最中、怯えて心を閉ざしていた犬を死の淵から救ったものとは?


心を閉ざしたペリーウィンクル

マスティフMIXのペリーウィンクルは発見された当時、

ポールにくくりつけられた状態で放置されていました。

そして彼女は、ペンシルべニア州フィラデルフィアの動物管理局に保護されます。

ペリーウィンクルの心の闇は深く、

シェルターのスタッフがいくら慰めてもその表情は暗いままです。

シェルターボランティアの1人であるブリジットさんはこのように話します。

「犬舎に座る彼女は悲しい顔をして酷く怯え、オヤツも食べずに頭を下げたままでした。あの状態では譲渡適正テストができず、安楽死の可能性もあったんです」

シェルターは既に定員オーバーで、彼女に残された時間は少しだけでした。

そんな彼女を助けたものが何か、知りたい方は次のページをご覧下さい。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

子猫のひろしくん、刺身を発見!「ちょうだい!」のおねだりが可愛すぎるも最後は実力行使(笑)

「猫と魚」と言えば、某国民的アニメに出てくる「お魚くわえたドラ猫~」が有名ですよね。 「漁港近くの野 …

未熟児の状態で生まれ、母親にも捨てられた子猫!何度も生死の境を彷徨った末に・・・

未熟児の状態で生まれて兄弟は死産となり、母親にも捨てられた子猫!保護された後も、幾度となく危険な状態に陥った末に・・・

盲目となって公園に捨てられ、妊娠した形跡もあった犬が手にできた幸せとは!?

盲目の捨てられた犬 人間側の勝手な都合で、ペットの面倒を見切れずに道端へ捨てるなどということは、 決 …

保護してくれたことへの感謝の印として11匹の子犬を1匹ずつ恩人の膝の上に運ぶ母犬の姿に心温まる・・・

11匹の子犬を出産したピットブルが話題になっています。 「グレイス」と名付けられたピットブルには、悲 …

自分を育ててくれた家族のために自分の命を捧げる覚悟を決めた牛!『命をいただく』ことについて考えさせられる・・・

坂本さんの両親の仕事は食肉解体でしたが、「危ないし、汚い」と家業を嫌っていました。 しかし26歳の時 …

PREV : プーチン大統領が戦死者の式典の最中、大雨の中でも傘を差さなかった理由に称賛の嵐!
シールで修正された文字すら間違っている!修正跡を剥がすとさらなるミスが発覚(笑) : NEXT