Lenon


Lenonをフォローしよう!


病院で出会った2匹の犬が支え合いながらつらい日々を乗り越えていく姿に感動…!


オラフとマライア

この犬の名前はオラフといいます。

生後1歳ほどのマスティフ犬です。

彼はクリスマスに、飼い主によってニューヨーク市のシェルターに引き渡されました。

彼の左前脚は、蛇に咬まれて重度の感染症を起こしていました。

彼を保護した「Second Chance RescueNYC(NYC)」という保護団体は、早速前脚の手術を行いました。

手術は成功しましたが、まだその脚には痛々しい包帯が巻かれています。

オラフの傷口は化膿して、壊死した部分を取り除かなければいけないほど酷いものでした。

治療もせずにオラフを放置した飼い主は、許されませんね。

オラフは治療に耐えましたが、知らない場所で心細かったと思います。

同じ頃、マライアという生後6週間ほどの子犬が病院に運ばれてきました。

この子犬は低体温だったうえ、糞尿まみれで駐車場に捨てられていたのです。

この2匹はこれからどんな運命を辿るのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

人間の兄弟喧嘩を懸命に仲裁するワンちゃんが微笑ましい・・・

幼い時の兄弟喧嘩はごく普通のことです。 まして男の兄弟の場合は、 喧嘩も殴り合いや蹴り合いなどかなり …

総移動距離は483キロ!イギリス海軍のパイロットの車に隠れて移動した子猫→保護された結果・・・

まさに猫の大冒険! 子猫が483キロ移動したこの話がネットで話題になっています。 時は2016年6月 …

犬のベビーシッターに対する反応が敵意むき出しだった→そのおかげで子供を暴力から救い出せた!

日本ではあまりベビーシッターを雇うという話は聞きませんが、アメリカでは一般的なようです。 そして、あ …

カッコ悪い瞬間を見られてしまった!世界中で話題の恥ずかしがる姿がかわいい猫をご覧ください・・・

「猫」と言えば身体能力の優れた動物です。 自分より遥かに高いタンスや猫タワーから、しなやかな動きで飛 …

洗面所のシンクの下に縛られた状態で数週間も放置されていたヨークシャーテリアを保護!

何とあるアパートの一室で、洗面所のシンクの下に数週間も縛られた状態で放置されていたワンちゃんがいました!無事に保護され、現在は・・・

PREV : 母が海苔で挑戦したキャラ弁、クオリティが高すぎるもまさかのキャラで腹筋崩壊!
世界中で話題!「プロの人魚」になった女性の本物にしか見えない姿とは? : NEXT