Lenon


Lenonをフォローしよう!


病院で出会った2匹の犬が支え合いながらつらい日々を乗り越えていく姿に感動…!


オラフとマライア

この犬の名前はオラフといいます。

生後1歳ほどのマスティフ犬です。

彼はクリスマスに、飼い主によってニューヨーク市のシェルターに引き渡されました。

彼の左前脚は、蛇に咬まれて重度の感染症を起こしていました。

彼を保護した「Second Chance RescueNYC(NYC)」という保護団体は、早速前脚の手術を行いました。

手術は成功しましたが、まだその脚には痛々しい包帯が巻かれています。

オラフの傷口は化膿して、壊死した部分を取り除かなければいけないほど酷いものでした。

治療もせずにオラフを放置した飼い主は、許されませんね。

オラフは治療に耐えましたが、知らない場所で心細かったと思います。

同じ頃、マライアという生後6週間ほどの子犬が病院に運ばれてきました。

この子犬は低体温だったうえ、糞尿まみれで駐車場に捨てられていたのです。

この2匹はこれからどんな運命を辿るのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ある日突然目が見えず、耳も聞こえなくなった犬!それでも変わらぬ愛情に涙が溢れる・・・

ある日、犬が蛇に噛まれたことで目が見えなく耳も聞こえなくなってしまいました!しかし、それでも変わらぬ愛情に涙が溢れます・・・

ティッシュ箱の中に子猫を発見!その後緊急で手術が施されたものの・・・

店先に置かれていたティッシュ箱の中に、なんと子猫を発見しました!その後急いで緊急手術が施されましたが・・・

暴力事件が発生→容疑者は保護施設の犬!しかしみんな笑顔になる逮捕理由とは?

多くの動物たちが収容される動物保護施設ですが訳ありの過去を背負い、 性格が荒んでしまった子もいるので …

悲しみに暮れるワンちゃんの心に寄り添って癒したのは1羽のアヒル→優しい光景にほっこり・・・

最愛の相棒を失い… アメリカ テネシー州に在住のリットンさん宅には、愛犬の『ジョージ』がいます。 し …

犬たちが平等な権利を得るために贈られたプレゼント!再び自由を手にした姿に涙・・・

殺処分は断固拒否 病気や事故、生まれつきの障害など、 不運にも体に障害を背負ってしまうのは命があれば …

PREV : 母が海苔で挑戦したキャラ弁、クオリティが高すぎるもまさかのキャラで腹筋崩壊!
世界中で話題!「プロの人魚」になった女性の本物にしか見えない姿とは? : NEXT