Lenon


Lenonをフォローしよう!


病院で出会った2匹の犬が支え合いながらつらい日々を乗り越えていく姿に感動…!


オラフとマライア

この犬の名前はオラフといいます。

生後1歳ほどのマスティフ犬です。

彼はクリスマスに、飼い主によってニューヨーク市のシェルターに引き渡されました。

彼の左前脚は、蛇に咬まれて重度の感染症を起こしていました。

彼を保護した「Second Chance RescueNYC(NYC)」という保護団体は、早速前脚の手術を行いました。

手術は成功しましたが、まだその脚には痛々しい包帯が巻かれています。

オラフの傷口は化膿して、壊死した部分を取り除かなければいけないほど酷いものでした。

治療もせずにオラフを放置した飼い主は、許されませんね。

オラフは治療に耐えましたが、知らない場所で心細かったと思います。

同じ頃、マライアという生後6週間ほどの子犬が病院に運ばれてきました。

この子犬は低体温だったうえ、糞尿まみれで駐車場に捨てられていたのです。

この2匹はこれからどんな運命を辿るのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

森の中で足にしがみついてきた子猫→連れて帰る途中の車内の姿にほっこり・・・

森を歩いていた男性が、雨でびしょ濡れの子猫に遭遇。 子猫は鳴きながら、男性の足に必死でしがみついてき …

感動!最後の別れを告げるために病院に来た馬「おじいさん、今までありがとう。」

最愛の人との別れは、とても悲しいものです。 その気持ちは何ものにも代えがたく、そしてそれは人間も動物 …

かわいいけど繊細なナマケモノを守るたった1つの方法がこちら・・・!

のんびりと木にぶら下がっているナマケモノは南アメリカ・中央アメリカの熱帯林に生息し、 一生のほとんど …

心に傷を負った兵士を癒した野良猫が突然失踪!その後訪れた譲渡会で見覚えのある手が伸びてきて・・・

今回の主人公は、兵士のジョシュ・マリノさん。 彼は戦場で重傷を負った為、戦地から帰ってきた際に心的外 …

食べ物も飲み物もない建設途中のビルの屋上で3日間取り残されていた猫が奇跡的に生還!

ビルの屋上に取り残された猫 これは、レバノンの首都であるベイルートで撮影された建築中のビルの写真です …

PREV : 母が海苔で挑戦したキャラ弁、クオリティが高すぎるもまさかのキャラで腹筋崩壊!
世界中で話題!「プロの人魚」になった女性の本物にしか見えない姿とは? : NEXT