Lenon


Lenonをフォローしよう!


木登りしちゃうくらい元気なこちらのおばあちゃん猫、何歳だと思いますか?


ミッサンとの出会い

ミッサンちと出会ったのは、飼い主さんがまだ5歳の時です。

当時の飼い主さんは、新しい家へ引っ越すことを嫌がっていました。

そこでお父さんが説得のために、猫と暮らすことを提案してきます。

ちょうど子猫が親戚の農場で産まれたばかりだったので、

1匹だけ飼い主さんの家が引き取ることになりました。

お母さんが気に入ったのは茶とらの子猫でしたが、

飼い主さんが一目で恋に落ちるほど気に入ったのは白い毛並みを携えた子猫のミッサンでした。

見知らぬ土地への不安を和らげたかったのでしょうか?

お父さんが提案した猫を家で飼うという作戦は成功し、

飼い主さんとミッサンちが出会うきっかけとなりました。

ミッサンの写真をもっと見たいという方は、次のページをご覧下さい。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

人間と犬の強い絆に感動!水中に引き入れようと懸命に吠える犬が伝えたかった事とは?

必死に吠えた愛犬が飼い主に伝えたかった事 オーストラリアのコフス・ハーバーに、 とある家族と一匹の愛 …

「多頭飼育崩壊」の悲惨な実態!長崎の一般家庭で放置されていた50匹のマルチーズをご覧ください・・・

犬や猫を多頭飼育している家庭は、日本でも意外と多くあります。 そんな多頭飼育ですが、すべての犬や猫に …

うたた寝する赤ちゃんに枕にされ、戸惑いながらも拒みはしないハスキー犬にほっこり・・・

うたた寝する赤ちゃんに自分の体を枕にされたハスキー犬!戸惑いながらも決して拒もうとはしない優しさにほっこり癒される・・・

虐待された過去を持つ犬が狂ったように吠え続けた!その意味を理解したことで人間嫌いの犬はヒーローになった・・・

日本昔話には、恩返しの物語がよくあります。 「ツルの恩返し」など、心の優しい主人公が助けた動物に助け …

ずっと待っていた新しい人間の命を見守る動物たちの家族愛にほっこり・・・

アメリカでのお話です。 出産を終えたボグス夫妻は新しい命を抱いて病院から帰宅しました。 その家には4 …

PREV : イングランドにある「絶対に走れないタイルの廊下」に話題騒然!その仕組みはこちら・・・
ゴミを漁る女性たちを何とかするため、レストランのオーナーは店の前にこれを設置した! : NEXT