Lenon


Lenonをフォローしよう!


CIAがある犬に下した「退職」という決断に心揺さぶられる…!その真意とは?


退職という決断

ペットとして親しまれている犬。

その知能の高さと従順さから、

人間のサポート役として人々の日常や危険な現場などでも活躍していますよね。

今回ご紹介するのは、アメリカの情報機関「CIA」に所属していた犬の「ルル」。

ルルは主に爆発物の発見などを中心にトレーニングを受ける犬が所属する部署、

「K9」に在籍していました。

日々のトレーニングをこなしていたルルですが、CIA職員の判断により退職することになりました。

その判断は、ルルの事を思っての判断だったそうです。

一体どんな理由だったのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

室内で飼っている猫が万が一脱走してしまったら!専門家も推奨する探し方、防止策がすごすぎる・・・

猫の飼い方は時代と共に変わっています。 昔は家の中と外を行き来する猫が多かったのですが、最近は室内飼 …

24年の人生を謳歌し、ギネスにも登録された猫が教えてくれた事とは・・・?

長寿のポピー このケーキの側に立っている猫の名前は「ポピー」といいます。 被毛はふさふさで、ケーキを …

子犬がカゴに閉じ込められて大ピンチ!家族総出で大奮闘の救出劇の結末は…?

白いワンちゃんとカゴ 4匹の柴犬ちたちが、部屋の中で自由にのんびりとした時間を過ごしています。 皆思 …

まだヨチヨチ歩きな生後間もない赤ちゃん猫が可愛すぎて悶絶してしまうこと間違いなし(笑)

今回ご紹介する猫は、まだヨチヨチ歩きな赤ちゃんの猫!あまりにも可愛すぎて悶絶してしまうこと間違いなし(笑)詳細はこちら・・・

最終的に人間が食べるために飼育されていた韓国の犬夫婦→アメリカの保護団体に引き取られ、離れ離れになるものの奇跡の再会を果たす…!

日本の常識ではありえない食文化が、世界には沢山存在します。 ヨーロッパで言えば、イタリアのうじ虫のチ …

PREV : 高岡早紀が16歳頃の写真をインスタで公開!ため息が出るほど美しいと話題に・・・
天国へと旅立った父親が大切にしていた金庫を兄弟が開けてみた結果・・・ : NEXT