Lenon


Lenonをフォローしよう!


CIAがある犬に下した「退職」という決断に心揺さぶられる…!その真意とは?


退職という決断

ペットとして親しまれている犬。

その知能の高さと従順さから、

人間のサポート役として人々の日常や危険な現場などでも活躍していますよね。

今回ご紹介するのは、アメリカの情報機関「CIA」に所属していた犬の「ルル」。

ルルは主に爆発物の発見などを中心にトレーニングを受ける犬が所属する部署、

「K9」に在籍していました。

日々のトレーニングをこなしていたルルですが、CIA職員の判断により退職することになりました。

その判断は、ルルの事を思っての判断だったそうです。

一体どんな理由だったのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

新しい暮らしのために実家を出た男性が1年後に帰ってくると自分の部屋が無くなっていた?(笑)

ジョセフ・ソポさんは1年前、新生活を始めるために実家を出ました。 実家で自分が使っていた部屋は自分が …

出入り禁止になっても懲りないスーパーを仕事場にしているような猫が話題に!

生鮮食品を扱っているスーパーマーケットは、盲導犬以外の動物は出入り禁止になっているのが普通です。 と …

子猫のお腹にある『スイッチ』が面白い!つい連打したくなる子猫のかわいい反応をご覧ください(笑)

子猫のお腹に、丸い何やら『スイッチ』のような模様がありました。 スイッチなんて、ぬいぐるみではあるま …

希望すら押し流されそうになる大洪水の中、人と動物が互いに助け合う姿に涙…!

勇敢な犬 今回ご紹介するのはインドのチェンナイという街で起こった大洪水の中、 頑張っている人々と動物 …

分離不安症に苦しむ犬のもとに幼い子猫がやって来た結果・・・

「分離不安症」という心の病をご存知でしょうか? 人間でいえば、「依存症」にあたります。 集団で生活す …

PREV : 高岡早紀が16歳頃の写真をインスタで公開!ため息が出るほど美しいと話題に・・・
天国へと旅立った父親が大切にしていた金庫を兄弟が開けてみた結果・・・ : NEXT