Lenon


Lenonをフォローしよう!


里親に引き取られるたびに謎の脱走を図ること計8回!この犬の行動の真意とは?


ガンビーの脱走癖

当時3~4歳だった犬のガンビーは、

サウスカロライナ州の路上でさまよっていた所を動物愛護団体により保護されました。

保護施設の職員さん達は健康的で優しい性格をしているガンビーなら、

すぐに里親さんが見つかるだろうと考えていました。

そして予想通り、ガンビーの里親さんはすぐに見つかり引き取られていきました。

しかしガンビーは早々にそこを脱走し、施設へ戻ってきてしまいます。

その後もガンビーは、新しい里親さんに引き取られても脱走を止めず、数年間同じことを繰り返しました。

誰もガンビーの脱走癖をなくすことは不可能だったそうです。

ガンビーはなぜ、引き取り先から脱走してでも施設へ戻ろうとするのでしょうか?

その真相は、次のページで詳しくご紹介いたします。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

目が見えないワンちゃんが道を間違えないように体を張って誘導する猫に感動…!

二人三脚のように、二匹で同じ方向を向いて歩く犬と猫。 視力を失ったワンちゃんに寄り添うように導く猫が …

両親が息子に夕食の手伝いをお願いした→断る息子と同じ質問をワンちゃんにすると…「えっ、今なんて言った!?

おしゃべりなペットといえば、インコなどの鳥類ですよね。 あまり知られていませんが、頭の良いカラスも根 …

本当は謝りたいと思っている意地悪をしてしまった子猫!もどかしい葛藤の様子がちょっと笑える(笑)

茶トラの子猫は、ワンちゃんの大きな背中が大好き。 ワンちゃんも子猫が落ちないように背中を真っ直ぐ上に …

母親はお墓の前で、4歳で天国へと行ってしまった息子に合図を欲した→0:21に起きた出来事に彼女の目から涙があふれ続けた・・・

ジャック・ロビンソン君 子供を持つ親にとって最大の不幸は、「子供に先立たれる事」ではないでしょうか。 …

保健所へ出戻りしてしまった猫→新たな里親に引き取られたら、悲しげな表情がこんなに変わった!

出戻り この猫の名前は「エミール―」。 オッドアイが魅惑的な彼女は、野良猫でした。 生まれつき前足が …

PREV : 祖母のウエディングドレスをこっそり借りた孫娘の美しい姿を見た祖母の反応は・・・?
女性ラッパーのHeizeがバラードを歌っている最中に突然観客が爆笑しだした理由とは!? : NEXT