Lenon


Lenonをフォローしよう!


子猫とハスキーの連携プレーによって飼い主が3度目の骨折!こんなのアリ〜?


ペットと暮らしていると、彼らの可愛い行動に癒されることが多いのではないでしょうか。

また、散歩や餌を与えたりと生活のリズムも整います。

とても可愛いペットですが、何せ相手は獣です。

思わぬ時に爪で引っかかれ、少し意地悪をしてオヤツを隠すと噛まれたりもします。

しかし、それは単独での行動。

まさか2匹の連携で、自分がゲガをするとは誰も思わないのではないでしょうか。

こちらの仲良く寝ている「シルビアちゃん」(ハスキー犬)と「イサムくん」(子猫)が、

見事な連携プレーで飼い主さんを『骨折』させてしまったそうです。

「骨折!?どういうことですか?」と思われる方も多いでしょう。

そこで、飼い主さんが保険会社に図解入りで説明した書類を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

気が付けば隣に…グリズリーを見にきたら驚愕の事態に発展!!

グリズリーの撮影 グリズリーを知っていますか? 体長2メートルを超える大きな熊、それがグリズリーです …

優しくてかわいい!男の子は寄ってきた子犬を1匹残らずみんな抱っこしてあげたいのです(笑)

小さな男の子が、芝生の上に座っています。 そこにモコモコした柴犬の子犬たちがやって来ました。 子犬た …

ご主人に怒られて空気を読むワンコ→ハウスに自ら入って反省!許してもらえると…?

ご主人様が怒っていると気付き、空気を読んで自らハウスに入る2匹の賢いラブラドールがいます。 1匹目は …

警察犬の最期を見送るセレモニーで撮影された1枚の写真に胸が熱くなる・・・

警察犬の最期 アメリカのコネチカット州でのことです。 ハンターという名の警察犬が、苦しい闘病生活の果 …

「#飼い主の心臓に悪いペットの寝相コンテスト」10選で思わず寿命が縮みそう・・・

「#飼い主の心臓に悪いペットの寝相コンテスト」というハッシュタグのもとに集まった10のツイートで思わず寿命が縮みそう(笑)

PREV : 死んだはずの母親に会ったと話す4歳の娘!その一部始終を聞いた時、父親は涙が止まらなかった・・・
外国人カメラマンが4年に渡って撮影し続けた日本人の日常に世界中の人々がゾッとした…! : NEXT