Lenon


Lenonをフォローしよう!


瀕死寸前だった子猫が保護されたのちに見違えるほど美しい姿へと変身する!


道路などに、給排水を目的として設置されている側溝。

田舎だと、夏になれば散歩中の犬が側溝に入り水浴びをしているのをみかけます。

微笑ましい風景ですが、側溝には危険がいっぱいです。

水の流れが激しい日は、絶対に近づいてはいけません。

足を取られて流されてしまう恐れがあるからです。

レバノン共和国の首都、ベイルートに住む親子が公園の端にある溝の中で、

小さな子猫が溺れているのを発見しました。

子猫は溝の中に落ちているゴミに捕まり、流されないように必死で耐えていました。

この子猫の救出劇の詳細と、その後の見違えるような姿は次のページにて詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「もう一度だけあの子に会いたい」末期がん女性の愛犬に対する思いに涙が溢れる・・・

がん(悪性腫瘍)という言葉を、最近は特に耳にするようになりました。 このたび厚生労働省が「誰もが働き …

生まれつき足のないハスキー犬!絶望していた犬が家族と車いすを手に入れると・・・

タイに住むハスキー犬のマヤは、生まれつき足がありませんでした。 そんなマヤは足以外に腰にも問題を抱え …

飼い猫が散歩から帰ってくると、何と野良の子猫を拾ってきた!?飼い主が下した決断は…?

あるご家庭で飼われている飼い猫が、どこからともなく何と野良の子猫を拾ってきました!これに対し、飼い主さんはどんな決断を下すのでしょう?

一緒に暮らしていた犬が死んだことで取り残されたポメラニアンに犬のぬいぐるみをプレゼントしたら…!

取り残されたポメラニアン 小さい頃に人形やぬいぐるみと遊んだり、一緒に眠ったりした経験はありませんか …

甘えん坊な三毛猫との出会いが猫のイメージを大きく覆す!?人懐っこすぎて癒される・・・

猫という動物に対して、どんなイメージをお持ちでしょう? マイペースで人に媚を売らない、可愛がってもど …

PREV : 「できますよね、ご主人?」主治医が旦那さんに釘を刺すように言い放った言葉に称賛の声続々!
「君は、今は専業主婦だけど…」ほろ酔いの夫が妻に言った言葉から夫婦の関係について考えさせられる…! : NEXT