Lenon


Lenonをフォローしよう!


どん底だった時期に支えてくれた子犬が連れ去られた!→無事再会を果たし、喜ぶワンちゃんの姿に心揺さぶられる・・・


どん底の人生に1つの希望

アメリカのウィスコンシン州の出来事です。

ホセさんは人生のどん底にいました。

離婚したあげく、住む家もなくなり、車で生活をする日々…。

そんなホセさんがある時、子犬のカオスと出会います。

ホセさんはカオスを飼うことに決めました。

カオスと一緒にいる時間はホセさんにとって癒しであり、

どん底を照らす1つの希望でした。

そんなホセさんとカオスに訪れた悲劇と感動の結末を、次のページからご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    忠犬ある中で、私の場合は、子育てに役立ちました。
    おしめの娘、公園で砂遊び団地の中でウロウロ俳諧、それを着かず離れずの距離保って遠くに見届けてくれました。

    仕事から帰って口笛吹くと「ワン”」位置を知らせてくれました。
    その娘50歳に。

    いつまでも心の中に生き続ける忠犬、恩人犬でした。

  関連記事

シロフクロウの隣に雪だるまを置いてみたら可愛すぎて悶絶不可避の展開になった!

長野県にある須坂市動物園の公式Twitterが投稿したあるツイートが話題に!シロフクロウの隣に雪だるまを置いてみると・・・

「育てる価値はない」と言われた片目の猫がもう一度生きるチャンスをもらった結果・・・

特徴的な見た目から、「育てる価値はない」と言われた片目の猫!心無い言葉を受けながらも、もう一度生きるチャンスをもらい・・・

終電がなくなった後のホームで猫に「もう電車ないよ」と声をかけた結果…(笑)

Twitterユーザーのあおいれびん(@levizo)さんが終電で帰宅した時のことです。 ホームに降 …

ある動物園で「こういうことは広めなければいけない」と反響を呼んでいる衝撃的な貼り紙がこちら!

道路や公園、川辺に海岸など色々なところでポイ捨てされたゴミを見かけることはありませんか。 ある河川敷 …

病気に侵されていたことから安楽死させられる一歩手前だった子犬が奇跡の復活を遂げる!

大型犬のマスティフの子犬であるウィローは、 スイマーパピー症候群という障害を持って生まれてきました。 …

PREV : ダレノガレ明美のことを「マジで嫌い」だと言うアンチの女子大生が本人と直接対面→ダレノガレの神対応ぶりに称賛の声続出!
23メートル吹っ飛ばされ、地面に叩きつけられた9歳の少女→17年後、少女は誰もが憧れるヒロインへと大変身! : NEXT