容姿が祟って厄介者扱いされていた子猫!しかし保護団体の力が実を結び・・・ | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


容姿が祟って厄介者扱いされていた子猫!しかし保護団体の力が実を結び・・・


見放された子猫

ドルチェが保健所に持ち込まれた時、偶然その場に居合わせたHRのスタッフはこう語りました。

「彼女の目は飛び出ていて、暗闇で自分の不幸を見つめているように見えました」

母親の免疫が弱まる生後6~12週目の子猫は、感染症にかかりやすい状態です。

時には他のウイルスと混合に感染してしまうこともあり、小さな子猫は命を落としてしまうのです。

ドルチェは目にウイルスが入り、目が飛び出した状態に…。

目は腫れあがり、見知らぬ場所へ来てしまったドルチェ。

子猫の無邪気な仕草はありません。

絶望感と不安のなか、生きているのがやっとのようです。

しかし、HRのスタッフはドルチェを見捨てませんでした。

ドルチェの未来

ドルチェはすぐに動物病院へと運ばれました。

獣医師は左目の視力が残る確率は80%、対して右目は20パーセントという診断を下しました。

視力を守るために手術が行われ、HRのケアで愛されることを学んだドルチェ。

感染症の薬も投与され、腫れあがっていた右目もかなり小さくなったようです。

「右目は20%」という事ですが、僅かでも視力が残ります。

ドルチェの未来は明るい光が射してきたのではないでしょうか?

それから8ヶ月後、ドルチェは新しい家族の元で暮らしています。

このお家には盲目の猫ティグラの他、2匹の猫と犬3匹もいる大家族です。

盲目のティグラと暮らしている飼い主さんならば、ドルチェの気持ちも理解してくれます。

何よりも大先輩がいるのですから、もう安心です。

一度は見捨てられたドルチェですが、これからはみんなと仲良く幸せになって欲しいですね。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

普通とは違う容姿の猫に一目惚れ!しかし半年後、シェルターで予想外の再会・・・

一度飼い主に見捨てられた猫!しかし普通と違う容姿を力に幸せをつかみ取る・・・

染色体異常が原因で普通の猫とは違う”特別な”顔を持って生まれた猫の人生とは?

「不気味」だと忌み嫌われ、引き取り手と巡り会えずにいた猫!本当の美しさを知る人と出会った結果・・・

あらゆる治療を施すも衰弱するばかりだったシャム猫→周りが諦めずに愛情を注ぎ続けると奇跡が起きた!

出典:YouTube



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

白菜をワンちゃんから死守する猫の貪欲さとおっちょこちょいな性格が招いた悲劇がこちら(笑)

白菜をワンちゃんから死守しようとするおっちょこちょいな猫!そんな性分と貪欲さが生んだ悲劇をご覧ください・・・(笑)

上野動物園が動物を守るためにツイートした注意喚起に賛同の声続々!

上野動物園の公式Twitterが投稿した注意喚起のツイートが話題に!動物を守るために知ってほしい内容に賛同の声が相次ぐ・・・

ホスピスで最期が近づくおばあさんの最後の願いは子猫を抱きしめること!願いの行方は・・・?

「グローブス・コミュニティ・ホスピス」で暮らすキャロルさん。 病気と高齢のため、最期の時までホスピス …

飼い主さんとラブラブなキツネ!じゃれる時の嬉しそうな顔に思わずにっこり・・・

キツネ キツネはよく物語に登場します。 大抵は悪者役で、人を騙したり卑怯な手を使ったりする時に使われ …

最初は小さくか弱い姿だった子ブタ!2年後の衝撃的な姿をご覧ください・・・

子ブタのエスター スティーヴ・ジェンキンスさんとデレク・ウォルターさんは、カナダで暮らしていました。 …

PREV : 「それ、確かに置くだけだけど…」斜め上すぎるおばあちゃんたちの勘違いエピソード5選!
失敗したゆで卵が斬新な発想で大変身!食堂のおばあちゃんのセンスが素晴らしすぎる・・・ : NEXT