Lenon


Lenonをフォローしよう!


容姿が祟って厄介者扱いされていた子猫!しかし保護団体の力が実を結び・・・


野良猫の寿命は、約2~3年と言われています。

事故による怪我や栄養を充分に取れないという理由もありますが、一番の原因は感染症による病気です。

猫の主な感染症としては、

「猫伝染性鼻気管支炎」「カリシウイルス感染症」「猫クジラミア感染症」などがあります。

このような病気に感染すると、ワクチンを接種していない野良猫は次々と感染し、

特に子猫は命取りになりかねません。

子猫のドルチェ

これは、オランダでの出来事です。

子猫のドルチェは生まれて間もない頃、兄弟と一緒にあるアパートの入り口に捨てられていました。

その中でもドルチェは感染症に侵され、思わず目を背けたくなる状態になっていました。

ドルチェの目は、美しい瞳ではありません。

白く濁った瞳をしていますが、いくらかは視力があるようです。

オランダの愛護団体「He’Art of Rescue(HR)」が、見捨てられたドルチェをここまで回復させました。

一体ドルチェは保護された時、どのような状態だったのでしょう…。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

こっそり送られているラブサイン…愛犬と飼い主の愛情具合を確かめる方法10選!

ワンちゃんは、思っていることを言葉にすることができません。 飼い主さんが「この子は私を好いている」と …

大好物のご飯をじ〜っと見つめる子犬→食事前にとってもお行儀の良い行動をとった!

食べ盛りの生後11週になるラブラドールの子犬です。 どうやらご飯の時間が来たようです。 この年頃のワ …

あれっ、おっさん!?じゃなくって猫でした~(笑)動物たちに癒される決定的瞬間11選!

癒しの決定的瞬間! 犬や猫はもちろん、その他の動物も可愛い姿を見せてくれます。 今回は投稿された素敵 …

パグも現代っ子(笑)カメラを前にしてやらかしたイマドキな勘違いがおもしろ可愛い!

カメラを向けられると、大抵の人は良い顔で撮ってもらおうと構えてしまうものですね。 この心理、何も人間 …

「一緒に暮らそう…」飼い主と死別した猫は保護施設で訪問者に手をかざし続けた→すると・・・

どんな時も悲しい別れというのはつきものです。 このお話の主人公の猫も最愛の飼い主さんの死に出会い、 …

PREV : 「それ、確かに置くだけだけど…」斜め上すぎるおばあちゃんたちの勘違いエピソード5選!
失敗したゆで卵が斬新な発想で大変身!食堂のおばあちゃんのセンスが素晴らしすぎる・・・ : NEXT