Lenon


Lenonをフォローしよう!


容姿が祟って厄介者扱いされていた子猫!しかし保護団体の力が実を結び・・・


野良猫の寿命は、約2~3年と言われています。

事故による怪我や栄養を充分に取れないという理由もありますが、一番の原因は感染症による病気です。

猫の主な感染症としては、

「猫伝染性鼻気管支炎」「カリシウイルス感染症」「猫クジラミア感染症」などがあります。

このような病気に感染すると、ワクチンを接種していない野良猫は次々と感染し、

特に子猫は命取りになりかねません。

子猫のドルチェ

これは、オランダでの出来事です。

子猫のドルチェは生まれて間もない頃、兄弟と一緒にあるアパートの入り口に捨てられていました。

その中でもドルチェは感染症に侵され、思わず目を背けたくなる状態になっていました。

ドルチェの目は、美しい瞳ではありません。

白く濁った瞳をしていますが、いくらかは視力があるようです。

オランダの愛護団体「He’Art of Rescue(HR)」が、見捨てられたドルチェをここまで回復させました。

一体ドルチェは保護された時、どのような状態だったのでしょう…。

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

天国に旅立った愛犬の墓の上に愛犬がいた!?近づいて分かったその正体とは…?

長年共に暮らしていた愛犬の死は、とてもつらいことです。 遠い親類が亡くなるよりも、いつも側で自分を慰 …

胸が痛む!15年に及ぶ虐待に我慢できなくなった象は調教師を踏み殺した→そして86発もの弾丸を浴び、その生涯を終える・・・

人間は、あらゆる物を犠牲にして利益を生み出してきています。 現在の私たちの生活の豊かさは数々の心痛む …

バスに乗車し、終点でも降りなかった犬→バスの中でとんでもないことが起きた…!

ロンドンでバスの運転手をしているポール・マックさん。 この日mいつもの通りにバスを運転していました。 …

10歳の少年からひとりぼっちの子猫を託された新しい母猫!その後の子猫は・・・

10歳の少年はひとりぼっちの子猫を優しく抱きしめ、新しい母猫をへとその子猫を託した!その後の子猫の様子はこちら・・・

9年間狭いケージに閉じ込められていたチワワが初めてベッドの感触に触れた瞬間に涙が溢れる…!

強制的な繁殖のために9年間狭いケージの中に閉じ込められていたチワワ!初めてベッドの感触を知った瞬間に涙が止まらない・・・

PREV : 「それ、確かに置くだけだけど…」斜め上すぎるおばあちゃんたちの勘違いエピソード5選!
失敗したゆで卵が斬新な発想で大変身!食堂のおばあちゃんのセンスが素晴らしすぎる・・・ : NEXT