Lenon


Lenonをフォローしよう!


容姿が祟って厄介者扱いされていた子猫!しかし保護団体の力が実を結び・・・


野良猫の寿命は、約2~3年と言われています。

事故による怪我や栄養を充分に取れないという理由もありますが、一番の原因は感染症による病気です。

猫の主な感染症としては、

「猫伝染性鼻気管支炎」「カリシウイルス感染症」「猫クジラミア感染症」などがあります。

このような病気に感染すると、ワクチンを接種していない野良猫は次々と感染し、

特に子猫は命取りになりかねません。

子猫のドルチェ

これは、オランダでの出来事です。

子猫のドルチェは生まれて間もない頃、兄弟と一緒にあるアパートの入り口に捨てられていました。

その中でもドルチェは感染症に侵され、思わず目を背けたくなる状態になっていました。

ドルチェの目は、美しい瞳ではありません。

白く濁った瞳をしていますが、いくらかは視力があるようです。

オランダの愛護団体「He’Art of Rescue(HR)」が、見捨てられたドルチェをここまで回復させました。

一体ドルチェは保護された時、どのような状態だったのでしょう…。

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

乗り気でないことを飼い主さんにやらされているものの、だんだんその気になってきた柴犬がかわいい!

犬が笑顔になる、と飼い主さんも楽しくなってしまいますね。 しかし、犬とはかなりワガママな生き物です。 …

脊髄を損傷し、満足に歩けない状態で倒れていた野良犬→絶望の表情から希望の表情へ変わる様子に涙が溢れる…!

IT技術の発展が目覚ましく、人口も多いインド。 しかし一方で、インドは「野良犬大国」とも呼ばれており …

忘れ物をしてしまったので犬のリードをつないで取りに行った→飼い主が戻った時、褒めずにはいられなかった!

よく躾されたワンちゃんは、飼い主さんの命令を忠実に守ります。 かなり訓練されている牧羊犬は、飼い主さ …

怪我を負ったイルカがダイバーの人間に助けを求めた!その後、衝撃の展開に・・・

熟練ダイバーのケラー・ラロスさんは、夜間にダイビングをしていました。 すると目の前に突然イルカが現れ …

仕事のお手伝いをしてくれる可愛い子猫!オフィスに舞い降りた小さな天使をご覧ください・・・

仕事に行く途中で、もし捨て猫を見かけたらどうしますか? 出勤時間に遅れてはいけない、あるいは猫を連れ …

PREV : 「それ、確かに置くだけだけど…」斜め上すぎるおばあちゃんたちの勘違いエピソード5選!
失敗したゆで卵が斬新な発想で大変身!食堂のおばあちゃんのセンスが素晴らしすぎる・・・ : NEXT