Lenon


Lenonをフォローしよう!


コロンビアの警察署に迷い猫が自分でやってきた結果→主張がすごい(笑)でも幸せそう・・・


迷い猫の主張

9月のある日のこと、サウスカロライナ州のコロンビア警察署に1匹の迷い猫がやってきました。

その猫は、居合わせた警察署員に「自分を可愛がって」と要求しました。

署の発表によると、

「彼は、『コロンビア警察署のサイトには、たくさんの犬の写真が投稿されている。だら猫の写真も必要だ!』と主張し始めたのです」とのこと。

なるほど、最もな主張ですね。

犬ばかりでではなく、猫の写真も同じように掲載してほしいという主張です。

差別反対、犬と猫は同等に扱ってほしいと警察に訴えに来たのでしょうか?

さて、この猫はそれからどうしたのでしょう。

興味のある方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

いつものクセで猫の尻尾をゴシゴシするアライグマ!猫に怒られて・・・

アライグマといえば、水中で食べ物を洗うような姿を思い浮かべます。 「アライグマ」の名前の由来ですが、 …

ハンバーガーショップに駆け込んできた男性の腕の中には衰弱しきった子猫!さらに双方ともペンキまみれだった・・・

子猫と男性 ウェンディ・ホールさんはアメリカのニューメキシコ州に暮らしています。 彼女が近所のハンバ …

飼い主に捨てられ、ガリガリに弱っていた猫→保護して数日後、猫の大声とともに驚くべきものを見た!

ガリガリに痩せた捨て猫 ある日、リッチーさんという男性がとある猫と出会いました。 その猫は飼い主に放 …

戻ることはない飼い主を待ち続けた犬が保護された後に公開された手紙に綴られた想いとは!?

凍えるような冬の日のことです。 アメリカはカリフォルニア州の砂漠に、首輪をしていない1匹の犬が佇んで …

2年前に愛する夫を亡くして悲しみに暮れていたおばあさんを救ったのは、大嫌いなはずの猫だった…!

愛する夫を2年前に亡くして以来、悲しみに暮れていたおばあさん…!そんな彼女を救ったのは、彼女が毛嫌いしていたはずの猫だった・・・

PREV : 衣替えの季節になると思い出す、向かいに住む同級生の女の子とのエピソードに笑って胸キュン!
aikoが安室奈美恵、松田聖子、中川翔子とのプリクラを公開した際に懇願した事とは? : NEXT