Lenon


Lenonをフォローしよう!


最後の数ヶ月は充実した時を過ごし、抱きしめられながら永眠したワンちゃんのお話!


イリーの最後

リンジー・ハツラーさんはオハイオ州在住の女性で、愛犬のイリーび大きな愛情を注いできました。

しかし4ヶ月前、イリーが末期の鼻腔ガンを患っていることが判明しました。

リンジーさんは、イリーの病気の告知によって受けたショックをなんとか受け止めました。

そしてイリーに残された最後の数ヶ月を、自分の手で美しいものにすると決意します。

そのため、イリーが生きているうちに何を実行したいのかをリスト化しました。

カヤックツアーやキャンプ旅行、かぼちゃ畑への遠足などといった予定がリストには含まれていました。

もちろん、イリーの写真をたくさん撮ることも忘れません。

他のリストの予定も見たいという方は、次のページをご覧下さい。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ちょこんと座る猫の首に『布団バサミ』を掛けてみた→なぜそうなる!?

ペットと遊ぶのは気分転換にもなり、ペットの新しい側面を発見することができます。 例えば、たくさんある …

突然変異で生まれたとても貴重な猫「ライコイ」が保護される!その詳細がこちら・・・

私たちの身近にいるペットの犬や猫は、同じ仲間でも様々な種類があります。 犬の犬種数は400種以上で、 …

行き場を失ったミニブタが猫の保護団体に引き取られた結果・・・

猫の保護団体に引き取られてきた、行き場を失ったなんとミニブタ!たくさんの猫たちに歓迎され、どんどん猫っぽくなっていき・・・

無の境地!?しかめっ面でひたすらダンボールをバシバシする怖カワイイ猫!

しかめっ面で鋭い眼光の猫 ダンボールの中から、しかめっ面で、鋭い眼光を投げかけてくる、アメリカンショ …

犬は5時間以上ぶら下がったまま→男性がその犬を発見した時、あまりの状況にゾッとした…!

アメリカの動物愛護団体「SNARR」は、エジプトで活動をしている団体です。 そんな動物愛護団体はある …

PREV : 自分の娘に食べさせるために空腹にひたすら耐えていた、やせ細った父親の愛!
電車でヘッドフォンをしている子供が怒られた母の訴えに考えさせられる・・・ : NEXT