Lenon


Lenonをフォローしよう!


瓦礫に埋もれた人々を次々と救出した災害救助犬の勇敢な姿に称賛の声続々!


人間に寄り添い体を張って働いてくれる犬たち。

「盲導犬」「介助犬」「牧羊犬」など、彼らは様々な分野で働いてくれますが、

これからご紹介するワンちゃんは「災害救助犬」です。

彼らは地震などで倒壊した建物に、生存者が残されていないか探し出すのが仕事です。

一刻を争う人命救助の中、彼らはどのような働きをしているのでしょう?

災害救助犬フリーダ

メキシコ中部で9月19日、マグニチュード7.1クラスの大地震が発生しました。

現地では小学校が倒壊するなど、約300人近くの尊い命が奪われてしまいました。

このような災害が起きた場合、「72時間の壁」というものがあります。

72時間すぎると、生存率が急激に低下するというこの壁に立ち向かうには、

一刻も早い被害者の発見が不可欠です。

そこで大活躍するのが「災害救助犬」です。

このワンちゃんは「フリーダ」という名前の災害救助犬です。

この子はメキシコ地震で活躍し、これまでに50人を超える人々を救い出してきました。

勇ましいフリーダの姿を、次のページにてご覧ください。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

謎の犬人間が目の前に現れてビビるワンちゃん(笑)飼い主によるドッキリの結果は?

飼い主さんがワンちゃんにドッキリを敢行(笑)謎の犬人間に扮した飼い主さんを見てビビったワンちゃん、果たしてどうする?

足の骨が折れている母犬が獣医を導いて3キロ歩き続けた先にあったものとは…?

心理学者のリアンネ・パウエルさんは、グレーハウンドが道でさまよっているところを発見しました。 保護す …

鉄道の線路内でサルが感電!仲間のサルたちの懸命な救助活動に心揺さぶられる・・・

インド鉄道の線路内でサルたちが侵入したことにより、 侵入したサルの1匹が感電してしまい、意識を失って …

見事な協力体制!外で遊んでいたワンちゃんたちが連携プレーで家に入ってくる様子に思わずほっこり・・・

日本犬で一番飼われている種類は「柴犬」です。 なんと80%はこの犬種なのだとか。 小型で賢く、無駄吠 …

迷い猫を自宅に連れ帰った犬!警戒気味の子猫が気を許すまで見守った結果、2年後に・・・

犬の散歩中、人間では気付かないような事を犬は気付いたりしますよね。 今回ご紹介するのは、 オス犬「ブ …

PREV : 海外の空港で一番やってはいけない、日本人がついやってしまいそうなNG行動がこちら!
ガソリンスタンドに現れた思わず笑ってしまう珍客たちのエピソード6選! : NEXT