Lenon


Lenonをフォローしよう!


瓦礫に埋もれた人々を次々と救出した災害救助犬の勇敢な姿に称賛の声続々!


人間に寄り添い体を張って働いてくれる犬たち。

「盲導犬」「介助犬」「牧羊犬」など、彼らは様々な分野で働いてくれますが、

これからご紹介するワンちゃんは「災害救助犬」です。

彼らは地震などで倒壊した建物に、生存者が残されていないか探し出すのが仕事です。

一刻を争う人命救助の中、彼らはどのような働きをしているのでしょう?

災害救助犬フリーダ

メキシコ中部で9月19日、マグニチュード7.1クラスの大地震が発生しました。

現地では小学校が倒壊するなど、約300人近くの尊い命が奪われてしまいました。

このような災害が起きた場合、「72時間の壁」というものがあります。

72時間すぎると、生存率が急激に低下するというこの壁に立ち向かうには、

一刻も早い被害者の発見が不可欠です。

そこで大活躍するのが「災害救助犬」です。

このワンちゃんは「フリーダ」という名前の災害救助犬です。

この子はメキシコ地震で活躍し、これまでに50人を超える人々を救い出してきました。

勇ましいフリーダの姿を、次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

イタリア地震発生から32日が経過→瓦礫の下に閉じ込められていた猫の奇跡の救出劇!

それはイタリアの中部が地震に襲われてから32日目のことでした。 甚大な被害を受けたリオ・サン・ロレン …

飼い主が死んだ後に放置された結果、毛玉が巨大化しすぎて大変なことになった猫!

アメリカのペンシルベニア州にある「Animal Rescue League Shelter &amp …

お店に野生の鹿のお客様!?その後姿を消したと思ったら予想外の展開に・・・

あるお店に野生の鹿のお客様がやって来た!?そして姿を消したと思いきや、その後予想外の展開に…!詳細はこちら・・・

お父さんは魚をおねだりするネコちゃんを無視→やがて訪れる悲惨な結末とは!?(笑)

連日のうだるような猛暑の中、夏バテを吹き飛ばすような動画がtwitter上で話題になっています。 T …

路上に捨てられた2匹→まだ子犬なのにさらに小さい子犬をしっかり抱きしめる姿に胸が締め付けられる…!

これは、ベトナムのホーチミン市で起こった出来事です。 ある街の隅に子犬が2匹いました。 1匹の子犬が …

PREV : 海外の空港で一番やってはいけない、日本人がついやってしまいそうなNG行動がこちら!
ガソリンスタンドに現れた思わず笑ってしまう珍客たちのエピソード6選! : NEXT