Lenon


Lenonをフォローしよう!


高齢の飼い主と別れてシェルターにやって来た悲しそうな目をした猫とその親友の物語!


悲しそうな目をしたヴィエナ

メリーランド州のボルチモアには、「BARCS動物保護シェルター」がありました。

そしてそこに、「ヴィエナ」と言う猫がやってきました。

実は、この猫の飼い主さんが高齢になり、

ヴィエナと他の猫の世話ができなくなってしまってこの施設にゆだねる事にしたのです。

その保護された猫の中でも、ヴィエナはひと際優しい目をした猫でした。

その瞳の奥には、悲しみや何か語りかけるような想いが感じられたのです。

ただ既に保護された時には彼女はやせ細り、特別なケアが必要な状態でした。

そんなヴィエナがこの後どうなったのか、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

腹筋の崩壊に注意(笑)ワンちゃんのダジャレを、10枚の画像を使って楽しもう!

アメリカの『Tumblr.lnc』が提供しているオンラインサイトで、面白い画像や動画が集められていま …

象とダチョウ→同じ施設で出会って互いに寄り添い合うかけがえのない親友同士に…!

ケニアで井戸に転落し、 群れとはぐれた生後1か月の象が野生動物の保護施設『DSWT』によって保護され …

犬と子供を一緒に生活させてはいけない理由12選!これは納得するしかない(笑)

「幼少期に犬と一緒に生活することで、子どもは優しく育つ」と聞いたことはありませんか? 赤ちゃんのうち …

庭にうずくまっていた犬を保護したはずが…大きな事実の違いに言葉が出ない・・・!

動物が庭に迷い込んでくることが外国ではありがちなのでしょう。 庭が大きいせいなのでしょうか・・・。 …

大学の授業中に颯爽と猫が出現したかと思いきや、堂々と居眠りする様子が話題に!

ここはマレーシアの大学です。 この大学には優秀な猫さんがいるようです。 机を1つ独占して、ちゃんと教 …

PREV : イオンにある「親子に優しいイス」が画期的すぎてひっくり返りそうになった!
久しぶりに担任の先生を見かけるも、「今声をかけちゃいけない」と無視した理由とは? : NEXT