Lenon


Lenonをフォローしよう!


高齢の飼い主と別れてシェルターにやって来た悲しそうな目をした猫とその親友の物語!


悲しそうな目をしたヴィエナ

メリーランド州のボルチモアには、「BARCS動物保護シェルター」がありました。

そしてそこに、「ヴィエナ」と言う猫がやってきました。

実は、この猫の飼い主さんが高齢になり、

ヴィエナと他の猫の世話ができなくなってしまってこの施設にゆだねる事にしたのです。

その保護された猫の中でも、ヴィエナはひと際優しい目をした猫でした。

その瞳の奥には、悲しみや何か語りかけるような想いが感じられたのです。

ただ既に保護された時には彼女はやせ細り、特別なケアが必要な状態でした。

そんなヴィエナがこの後どうなったのか、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

う〜ん、上手くできないよ〜…子犬ハスキーの初めての遠吠え。やっと出せた「アオ〜ン」が可愛すぎる!

赤ちゃんハスキーが飼い主に抱っこされながら初めての遠吠えの練習です。 ハスキーちゃん、今日こそはちゃ …

駅前でボロボロの状態で発見された子猫の数ヶ月後の変身ぶりに胸が熱くなる・・・

私たちの身近で暮している猫は、野良猫になってしまった子はいても元々の野生種はいません。 捨てられた猫 …

生まれつき耳が聞こえない猫とおばあちゃんの日常を切り取った穏やかな写真が優しい気持ちにさせる・・・

それは、ある日の出来事でした。 野良猫が数匹、納屋の中で生まれました。 その納屋はみさおばあちゃんの …

道端で死にそうな状態だった子猫が男性に救われ、3ヶ月で奇跡の回復を遂げる…!

普段私たちが意識していないだけで、世の中には多くの恵まれない動物たちがいます。 親と離れ離れになって …

家の中の事故で右目を失い、体も麻痺した猫!でも猫の前向きな心が奇跡を起こす・・・

事故で毎日たくさんのペットが負傷しています。 少し目を離したすきに家を飛び出して、そのまま車に跳ねら …

PREV : イオンにある「親子に優しいイス」が画期的すぎてひっくり返りそうになった!
久しぶりに担任の先生を見かけるも、「今声をかけちゃいけない」と無視した理由とは? : NEXT