Lenon


Lenonをフォローしよう!


高齢の飼い主と別れてシェルターにやって来た悲しそうな目をした猫とその親友の物語!


悲しそうな目をしたヴィエナ

メリーランド州のボルチモアには、「BARCS動物保護シェルター」がありました。

そしてそこに、「ヴィエナ」と言う猫がやってきました。

実は、この猫の飼い主さんが高齢になり、

ヴィエナと他の猫の世話ができなくなってしまってこの施設にゆだねる事にしたのです。

その保護された猫の中でも、ヴィエナはひと際優しい目をした猫でした。

その瞳の奥には、悲しみや何か語りかけるような想いが感じられたのです。

ただ既に保護された時には彼女はやせ細り、特別なケアが必要な状態でした。

そんなヴィエナがこの後どうなったのか、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ガラス工房で敷かれた布団に入り、毛布(?)をかけて寝るワンちゃんが可愛いと話題に!

あるガラス工房で敷かれた布団んで横になり、毛布のようなものまでかけて人間のように寝るワンちゃんが可愛いと話題に!

傷ついても、もう一度自由に大空へ!本にもなったハヤブサの復活劇に胸が熱くなる・・・

イギリスの画家で作家でもあるジャッキー・モリスさんが、 著書『Queen Of The Sky』の中 …

他の家に譲ったものの、20キロ歩いて戻ってきた猫に対し、飼い主がとった残酷な決断とは!?

他の家に譲ったものの、20キロもの距離を歩いて戻ってきた猫!しかしこの猫に対し、飼い主さんは残酷な決断をした結果・・・

危険をかえりみず、崖から落ちた子猫のもとへ親猫が!親子の絆を感じる救出劇に胸が熱くなる・・・

人間でも動物でも、子どもは可愛いですよね。 そして、子に何かあったら直ぐに助けにいくのが親です。 そ …

誰もが諦めかけていた…!イタリア地震で崩れた家の中で16日間1匹で生き続けた奇跡の猫・・・

イタリア中央地震 イタリア中央地震で崩れた瓦礫の中から、ピエトロという猫が奇跡的に救助されました! …

PREV : イオンにある「親子に優しいイス」が画期的すぎてひっくり返りそうになった!
久しぶりに担任の先生を見かけるも、「今声をかけちゃいけない」と無視した理由とは? : NEXT