Lenon


Lenonをフォローしよう!


高齢の飼い主と別れてシェルターにやって来た悲しそうな目をした猫とその親友の物語!


悲しそうな目をしたヴィエナ

メリーランド州のボルチモアには、「BARCS動物保護シェルター」がありました。

そしてそこに、「ヴィエナ」と言う猫がやってきました。

実は、この猫の飼い主さんが高齢になり、

ヴィエナと他の猫の世話ができなくなってしまってこの施設にゆだねる事にしたのです。

その保護された猫の中でも、ヴィエナはひと際優しい目をした猫でした。

その瞳の奥には、悲しみや何か語りかけるような想いが感じられたのです。

ただ既に保護された時には彼女はやせ細り、特別なケアが必要な状態でした。

そんなヴィエナがこの後どうなったのか、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

自然災害の写真を収めようとしていた→その数分後、まさかの救世主出現に驚かされる!

嵐に見舞われた南米の小さな町で起きた奇跡の救出劇。 そこに登場するのは私たち人間ではありません。 嵐 …

引退した盲導犬が11年ぶりに元飼い主と再会→子犬の頃に戻り、甘える姿に涙が止まらない…!

皆さんは「パピーウォーカー」を知っていますか? 盲導犬候補の子犬を役10ヶ月間家族の一員として迎え、 …

マイナス35℃の極寒で、凍って足が動かなくなってしまった猫!通りがかりのカップルが救出し・・・

凍えている猫 マイナス35℃という世界を想像出来るでしょうか。 「バナナで釘が打てる」「濡れたタオル …

暗い夜道で野良猫が近づいてきた→持っていた猫缶をあげたことで素敵な出会いになりました・・・

ある日の夜、マリーナさんは友人たちと車で夜道を通っていました。 するとそこへ1匹の野良猫が近づいてき …

手足をバタバタと動かす赤ちゃんを頑張ってなだめようとするネコさんが最高にかわいい!

赤ちゃんをなだめるネコさん・・・。 みなさんは見たことがありますか? なかなか想像がつきませんよね。 …

PREV : イオンにある「親子に優しいイス」が画期的すぎてひっくり返りそうになった!
久しぶりに担任の先生を見かけるも、「今声をかけちゃいけない」と無視した理由とは? : NEXT