Lenon


Lenonをフォローしよう!


誰にも引き取ってもらえなかった鼻が2つある犬がついに最高のパートナーと出会い、最高の笑顔になる!


鼻が2つあるトビー

この子はボーダーコリーMIXのトビーといいます。

アメリカのカリフォルニア州フレズノという街を彷徨っていた時、

保健所に捕獲された彼はシェルターへ収容されました。

とても珍しい特徴がトビーの体にあったことで、テレビニュースでも取り上げられました。

その特徴とは、鼻が2つ存在することです。

これは生まれつきで、健康上なにも問題ありません。

しかし現実は厳しいもので、シェルターにくる人々は誰もトビーを引き取ろうとしませんでした。

時は過ぎて、引き取り手がいないトビーは遂に安楽死予定のリストに加えられてしまいます。

しかしそんなトビー君を救うため、1人の男性が手を挙げました。

最高のパートナーとの出会いについては、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

いつものクセで猫の尻尾をゴシゴシするアライグマ!猫に怒られて・・・

アライグマといえば、水中で食べ物を洗うような姿を思い浮かべます。 「アライグマ」の名前の由来ですが、 …

闘犬を鍛えるための「餌食」として扱われていた犬が愛情に触れたことで笑顔を取り戻す!

闘犬の餌食 アメリカのテキサス州で、去年の7月にとある民家から14匹の犬が保護されました。 その民家 …

危険な戦闘地域で出会った障害を持った子猫と兵士→子猫を思う兵士の取った決死の行動とは!?

アメリカ陸軍兵士のクリスティン・ボールディンさんは、アフガニスタンに派遣されていました。 その時、と …

ガン治療を拒否してワンちゃんとの旅を選択した90歳のおばあちゃんの生き様!

90歳のおばあちゃん お医者さんからガンであることを告げられた時、90歳のノーマさんははっきりと言い …

娘がいないとおとなしい犬が娘の外出30分後に突然ソワソワした理由に世界中が感動…!

みなさんはサービスドックというのをご存知でしょうか? サービスドックというのは、身体的に障害のある方 …

PREV : ヘンリー王子、子どもにポップコーンを盗み食いされるも紳士的な対応を見せる!
金子賢の減量の軌跡をまとめた動画がすごい!たった3ヶ月間でここまで変化するとは・・・ : NEXT