Lenon


Lenonをフォローしよう!


農場ショーで疲れ果て、会場で自分の牛の隣で眠る少年の姿に多くの人々が心打たれる…!


乳牛展覧会

アメリカのアイオワ州に住んでいるミッチェル・マイナー君は、

自慢の愛牛であるオードリと一緒に乳牛展覧会へ参加しました。

オードリの美しさや頑張りもむなしく、

展覧会で行われた乳牛コンテストの成績は7組中5位という結果になったそうです。

乳牛展覧会をメインとした慌ただしい1日を送った後、彼らはかなり疲れていました。

そんなミッチェル君とオードリが一緒に休んでいる姿の写真がネット上に投稿されると、

複数のソーシャルメディアが彼らを取り上げました。

それによって寄せられたコメントの多くは、人間と動物との大きな愛情を感じるというものでした。

種族を超えた愛情を見ただけで感じるとは一体、どのような写真なのでしょうか。

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

身勝手な理由で捨てられるも、飼い主を信じて1年以上も同じ場所で待ち続ける猫に胸が締め付けられる…!

帰っては来ない飼い主さんを待ち続けていたと言われる「忠犬ハチ公」。 ハチ公は、渋谷の駅前で勤めから帰 …

屋敷の入口に『入室はご遠慮願います』と注意書きされているにもかかわらず、堂々と侵入した犯人の正体に爆笑!

福島県会津若松市にある福島県重要文化財『会津武家屋敷』。 江戸時代中期に建てられた歴史的建築物が軒を …

庭にうずくまっていた犬を保護したはずが…大きな事実の違いに言葉が出ない・・・!

動物が庭に迷い込んでくることが外国ではありがちなのでしょう。 庭が大きいせいなのでしょうか・・・。 …

人間を怖がり、倉庫の中で一人ぼっちで暮らしていた子猫が心優しい夫婦の愛に触れて・・・

どこから迷い込んだのか。 辺りには母猫も兄弟猫も見当たらず、たった一匹倉庫で暮らす子猫。 まだ外の世 …

鼻先のねじれた犬にシェルターで待ち受けていた悲しい再会と奇跡的な出会い…!

「バックヤードブリーダー」という、 専門的な知識を持たずに小遣い稼ぎのように犬を繁殖させる人たちがい …

PREV : ロン毛だった新郎がお色直し後に大変身する仰天サプライズがすごいと話題に!
ソフトクリームの写真を撮影しようとしたらトンデモナイ状況が写ってしまった…! : NEXT