Lenon


Lenonをフォローしよう!


24時間365日抱っこを要求し、してくれないと泣きわめく老猫にスタッフが考えた対策でみんなが笑顔に!


ある日、メイン州ウェストブルックのレスキューグループに老猫がやってきました。

この猫の名前は「ドギー」といいます。

彼は15歳と高齢でしたがとても社交的で、その反面1匹でいるのが苦手なところがありました。

そのため抱っこしてもらえず1匹になると、施設のスタッフに抱き上げてもらえるまで必死に鳴き続けます。

しかし抱っこしながらも、作業は進めなければなりません。

そんなダウジーの要求と作業ができるようにとの願いを同時に叶えるため、

スタッフは良い方法を考えつきました。

一体どんな方法だったのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ケガの影響で線路から動けない友を思いやり、2日間そばから離れなかった犬!美しい友情に胸が熱くなる・・・

今回ご紹介するのは、ケガで線路の上から動けなくなった犬の傍からずっと離れることなく、 2日間にわたり …

息苦しかった施設生活が終わり、幸せな時間をプレゼントされたベッドで謳歌する猫に心温まる・・・

ソフィー この子の名前はソフィー(Sophie)。 飼い主はビスキュージ(Christiana Vi …

家族の一員として赤ちゃんの誕生を待ちわびる猫から溢れる家族愛にほっこり・・・

セムソン 猫のセムソンは発見された時、生まれて2週間ほどしか経っていませんでした。 満足に歩くことも …

犬舎の隅で世界の終わりのような表情でうなだれるシニア犬と過ごす時間が写真家に教えた事とは?

ロサンゼルス在住の写真家ジョン・ワンさんは、大の動物好きでした。 そのため彼は、犬や猫をはじめとした …

5歳の男の子が犬にもたれ掛かっている姿にお母さんは涙を流した!その理由に胸が震える・・・

サービス犬という犬を皆さんはご存知ですか? 障害者の耳や目、手足の代わりとなるように特別な訓練を受け …

PREV : 結婚式に飽きてしまい、疲れてしんどくなってしまった子供たちの画像11選!
目元に現れる白いポツポツ→実は美容と健康の敵だった!?衝撃の正体がこちら・・・ : NEXT