Lenon


Lenonをフォローしよう!


愛に飢え、悲しい目をしていた猫に最高の環境を与えても一つ足りないものがある!それは…?


悲しい目をしたライアン

この猫は、猫の愛護団体「Here Kitty Kitty Rescue(HKKR)」に保護されたライアンです。

彼女は飼い猫だったようですが、マイクロチップがない上に飼い主さんは迎えに来ませんでした。

ライアンは1匹でいることが苦手なのか、いつも誰かのそばにいたがり愛情に飢えていました。

そして誰かが迎えに来てくれることを、悲しい目をしながら祈っている様子でした。

HKKRの職員であるミッシーさんはこのように話しています。

「彼女はとても優しい子で、かまってもらったり膝に乗って撫でられるのが大好きなの」

HKKRは、ライアンをストレスが軽くなるシェルターへと移しましたが、

それでも彼女にとって不足しているものが1つだけあったのです。

それが何なのかは、次のページで詳しくご紹介いたします。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

雑種犬の里親を探すためのドッグシェルターは犬の楽園だけど名前がホラー映画のタイトルっぽい!?

野良犬たちの領域 B級ホラー映画のタイトルにもなりそうな「野良犬たちの領域」という名前の場所。 実は …

夫婦はこのカメを様子を見て愕然とした!そのカメにはこれが刺さっていた・・・

最近、日本では野良猫に毒餌を餌付けして殺したり、野良猫に暴行を加え大怪我を負わせたりと、 動物に人間 …

二度の手術によって両耳を失った老猫がその代わりに得た幸せとは…!?

ニューヨークにある猫の溜まり場で保護されたのは、1匹の老猫でした。 その猫はのちに『エディ』と名付け …

アジアで初めて!動物愛護法の改正案が可決され、台湾で犬肉と猫肉を食すことが全面禁止に・・・

全面禁止 2017年4月11日、台湾で動物愛護法を強化する改正案が可決されました。 これにより、犬や …

里親に引き取られるたびに謎の脱走を図ること計8回!この犬の行動の真意とは?

ガンビーの脱走癖 当時3~4歳だった犬のガンビーは、 サウスカロライナ州の路上でさまよっていた所を動 …

PREV : コカ・コーラの工場で働く職員が朝ごはんに納豆を食べない理由にビックリ!
結婚式に飽きてしまい、疲れてしんどくなってしまった子供たちの画像11選! : NEXT