森で孤独に暮らしてた犬の持っていた才能が保護された後に飼い主の人生を大きく変える…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


森で孤独に暮らしてた犬の持っていた才能が保護された後に飼い主の人生を大きく変える…!


孤独なライリー

野生で暮らしていたシベリアンハスキーMIXのライリーは、アニマルシェルターに保護されました。

彼はシェルターに1週間余りいましたが、

里親探しサイトで彼に一目惚れをしたカーリーオールドボーゲルさんがすぐに引き取ることになりました。

ライリーはシベリアンハスキー独特の、透明感のある瞳をしています。

そこに他の犬種の血が混じっていることで、少しだけ優しい顔つきになっているのです。

さて、ここからが大変でした。

野生で暮らしてきたライリーにとって、室内で家庭犬として人間と一緒に暮らすこと、

そしてしつけやエネルギーのコントロールをする事を教えなければなりません。

全般性不安障害

犬をしつけるとなると、飼い主も犬もお互い忍耐力が必要です。

それでも、苦労の先には必ず幸せな生活が待っていると思い、諦めずに頑張り続けたのです。

そんな強い思いがあったからこそ、ライリーはカーリーさんについてきてくれたのでしょう。

カーリーさんは全般性不安障害と言う病気を抱えており、

時折パニック障害に襲われてしまったり精神不安定になることがあるそうです。

カーリーさんのそういった症状をなぜかライリーは察知することができ、

事前にパニックにならないように落ちつかせてくれたそうです。

公認の介助犬

日常のあらゆる事で不安になってしまうと言うとても苦しい病気なのですが、

ライリーはカーリーさんの精神安定剤になってくれたようです。

そして今や、ライリーはカーリーさんの公認の介助犬となりました。

一緒にいろいろなところへ出歩くそうです。

ときにはハイキングやロッククライミング、更にはキャンプなど。

2人で居ればどこでも怖くないですよね。

もともとは野良犬だったライリーが、まさか公認の介助犬になれるのだなんて。

犬との出会い、人との出会い、その全てが運命で導かれているかのようなそんな気がしました。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

結婚式にどうしても恩人ならぬ『恩犬』を参列させたかった…一匹の介助犬と花嫁の物語に、全世界が感動の涙!

いつも出かける空き地で女性が見つけた子猫は驚くべき能力を持つ特別な猫だった…!

ハスキー犬を助けた女性!しかし、本当に助けられたのは女性の方だった・・・

立つことすらままならないハンデを抱えたハスキー犬→車いすで克服し、世界中を駆け回る…!

病気のせいで捨てられてしまったハスキー犬→拾った男性が元飼い主に言った痛快なセリフを浴びせる!

出典:The Dodo




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

9匹のエキセントリックな猫たちがお疲れ気味な人間の心を癒してくれます・・・

会社や学校、お子さんをお持ちの方はPTA懇談会などなど、社会にはストレス要因で満ち溢れています。 疲 …

飼い主の声に返事した時の、アラスカンマラミュートの鳴き声が可愛すぎる・・・

飼い主さんに声をかけられたアラスカンマラミュートの子犬!それに返事をした時の鳴き声が愛おしすぎて困ってしまいます・・・

弟分ができて喜んでいる飼い犬!見た目からして2匹は深い絆で結ばれていた?

人間の家族と一緒に暮らしている犬は、毎日どんな思いでいるのでしょう。 一緒に生活して一緒に散歩に行っ …

アザラシのぬいぐるみを愛でるアザラシがかわいすぎて悶え死んでしまいそうです!

北海道の紋別市、ここは厳寒の海であるオホーツク海に面した都市です。 冬には流氷が現れる、日本で一番寒 …

高速道路で凍えていた黒猫を動物病院へ連れて行くと衝撃の事実が明らかになり、感動の結末へ…!

世界中には、こうしている間にも様々な事故によってその命を落としている人達がいます。 最近では、日本で …

PREV : タクシードライバーがかけてきた言葉にドキッとしたと言う小林麻耶!その深い考えとは?
高須院長がレーシックの手術を受けない理由が説得力バツグンだと話題に! : NEXT