Lenon


Lenonをフォローしよう!


猫カフェが保護しないなら野良の子猫を触らないように訴える理由がこちら・・・


「お願いですから、保護する気がないのなら野良の子猫を安易に触らないでください」

こう訴えるのは、奈良にある猫カフェ『和風桶猫喫茶』(@okenekokissa)です。

手のひらにすっぽり収まってしまうほどの小さな子猫はまだ生後5日〜1週間ほどで、

体重は150グラムしかありませんでした。

まだ目も開いていない子猫はとても1匹だけでは生きてはいけません。

残された子猫

この子猫は、ある民家の納屋で生まれました。

相談を受けて、『和風桶猫喫茶』は授乳が済んでから保護することにしていました。

母猫のミルクは育つための栄養がたっぷり含まれていて、子猫にはなくてはならないものだからです。

保護するまでは母猫を刺激しないため、触ったり近づいたりしないようにとアドバイスをしていましたが、

事情を知らない家族が写真を撮りに納屋に入ってしまいました。

驚いた母猫はほかの2匹の子猫を連れて立ち去ったきり、戻ってきませんでした。

この子猫だけが取り残されてしまったのです。

まだ授乳中の子猫はこれからどうなるのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

鉄道の線路内でサルが感電!仲間のサルたちの懸命な救助活動に心揺さぶられる・・・

インド鉄道の線路内でサルたちが侵入したことにより、 侵入したサルの1匹が感電してしまい、意識を失って …

体が壁と一体化し、自らのおしっこの上に座って怯え続けるラブラドール犬→Facebookの力で運命は大きく変わった…!

みなさんは、犬や猫を保護したことはありますか? 保護した時、近くの動物病院や里親を探す団体に持ち込め …

母親を失ったオポッサムを背中に乗せ続けたジャーマンシェパードの母→種類は違っても支え合って生きる2匹の姿に感動…!

2匹の出会い 不慮の事故で母親を亡くしたこのオポッサムの赤ちゃんは、「ポンチョ」という名前をつけられ …

一緒に寝ていた赤ちゃんの寝相が悪くて猫さんに思いがけない結末が襲いかかる…!

お家に新しい小さな家族がやってきました。 先に住んでいた先輩の猫さんは、赤ちゃんが気になって仕方があ …

餓死寸前の犬が生きるために取っていた行動が悲惨すぎる・・・!

突然ですが、皆さんは犬は好きですか? 動物好きの間でも犬派か猫派かで分かれるところですが、筆者は猫も …

PREV : 「イヤな予感なんやけど寝ぼけて…」母からのLINEを受けて娘が弁当箱を確認した結果…(笑)
TAKAHIROと武井咲の結婚を祝してざわちんが2人のものまねメイクを披露し、話題に! : NEXT