Lenon


Lenonをフォローしよう!


猫カフェが保護しないなら野良の子猫を触らないように訴える理由がこちら・・・


「お願いですから、保護する気がないのなら野良の子猫を安易に触らないでください」

こう訴えるのは、奈良にある猫カフェ『和風桶猫喫茶』(@okenekokissa)です。

手のひらにすっぽり収まってしまうほどの小さな子猫はまだ生後5日〜1週間ほどで、

体重は150グラムしかありませんでした。

まだ目も開いていない子猫はとても1匹だけでは生きてはいけません。

残された子猫

この子猫は、ある民家の納屋で生まれました。

相談を受けて、『和風桶猫喫茶』は授乳が済んでから保護することにしていました。

母猫のミルクは育つための栄養がたっぷり含まれていて、子猫にはなくてはならないものだからです。

保護するまでは母猫を刺激しないため、触ったり近づいたりしないようにとアドバイスをしていましたが、

事情を知らない家族が写真を撮りに納屋に入ってしまいました。

驚いた母猫はほかの2匹の子猫を連れて立ち去ったきり、戻ってきませんでした。

この子猫だけが取り残されてしまったのです。

まだ授乳中の子猫はこれからどうなるのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

安楽死直前の大変身!「汚いから殺処分してくれ」心ない元飼い主が決して見ることはできなかったワンちゃんの奇跡の姿・・・

身勝手な飼い主による持ち込み…殺処分の現状 日本では毎年およそ十万匹もの犬猫が、行政機関で私たちの税 …

息も絶え絶えのザトウクジラを助けた一家にお礼?クジラらしい素敵な恩返しをご覧ください…!

マイケルさん一家は、毎年冬になると生態調査を行なっています。 様々なクジラを追いかけては写真に収めて …

赤ちゃんのように甘えん坊だった猫が暮らす家に人間の赤ちゃんが生まれた結果…!

猫のナラは、まるで赤ちゃんのように甘えん坊!しかしそんなナラが暮らす家に、人間の赤ちゃんが生まれた結果!?詳細はこちら・・・

さすがは愛犬家のプーチン大統領!首根っこを掴まれた子犬を見て表情を一変させ・・・

プーチン大統領 先日の2017年10月7日に、65歳の誕生日を迎えたロシアのプーチン大統領。 メディ …

最大の激戦地アレッポで、たった1人で猫を保護し続ける男性の勇敢な姿に世界中の人々が感動・・・

激戦地での保護活動 シリアの内戦で激戦地となったアレッポの町。 そこで身の危険を顧みず、猫の保護活動 …

PREV : 「イヤな予感なんやけど寝ぼけて…」母からのLINEを受けて娘が弁当箱を確認した結果…(笑)
TAKAHIROと武井咲の結婚を祝してざわちんが2人のものまねメイクを披露し、話題に! : NEXT