Lenon


Lenonをフォローしよう!


レスキュー隊の腕に跳び込んで来たのはまるでカンガルーのような子猫!そして3年後・・・


ある日、病院で1匹の子猫が保護されました。

その子猫は前脚を曲げ、二本脚でぴょんとレスキュー隊員の腕に飛び込んできたのです。

その特徴的な立ち姿勢から「カンガ・ルー」と名付けられた子猫。

ところが橈骨発育不全という障害を持っており、安楽死の予定となっていました。

そんな子猫が動物保護団体に保護され、最初は戸惑いながらもその環境を楽しんでいました。

やがて里親の元へと行く事が決まったのですが・・・。

その後、大人の猫となったカンガ・ルーが一体どんな生活を送っているのか?

気になる方は、次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

フワッフワな巻き毛の子猫に胸キュン卒倒者が相次ぐ!天使のような姿をご覧ください・・・

巻き毛の子猫 天使が1匹誕生したという事実に、世界中の人々が湧いています。 その天使と言われている動 …

2人の女性が発見したひどい悪臭を放つビニール袋の中身に背筋が凍る・・・!

ある日のこと。 イタリア南部に暮らすエミリア・ルッケセさんとエンリカ・ビアンキさんの2人は、 散歩中 …

パグも現代っ子(笑)カメラを前にしてやらかしたイマドキな勘違いがおもしろ可愛い!

カメラを向けられると、大抵の人は良い顔で撮ってもらおうと構えてしまうものですね。 この心理、何も人間 …

ペット販売から里親贈与企業へ転換した「ペットを売らないペットショップ」が話題に!

岡山県倉敷にあるペットショップ「シュシュ」は2015年4月からペットの販売を中止して、 里親を探す贈 …

迷子になった愛猫を探して1年半→飼い主の諦めない心が生んだ奇跡に涙が止まらない…!

少し目を離したすきにペットが脱走してしまったら…。 日本ならまず保健所に保護されていないか問い合わせ …

PREV : 「ご飯を作る人」と「ご飯ができてる人」住む星が違うレベルで差があるという持論に共感殺到!
息子が学校で友達を殴ったので父親は叱ろうとしたが泣きながら明かされた理由に言葉が出なかった…! : NEXT