Lenon


Lenonをフォローしよう!


レスキュー隊の腕に跳び込んで来たのはまるでカンガルーのような子猫!そして3年後・・・


ある日、病院で1匹の子猫が保護されました。

その子猫は前脚を曲げ、二本脚でぴょんとレスキュー隊員の腕に飛び込んできたのです。

その特徴的な立ち姿勢から「カンガ・ルー」と名付けられた子猫。

ところが橈骨発育不全という障害を持っており、安楽死の予定となっていました。

そんな子猫が動物保護団体に保護され、最初は戸惑いながらもその環境を楽しんでいました。

やがて里親の元へと行く事が決まったのですが・・・。

その後、大人の猫となったカンガ・ルーが一体どんな生活を送っているのか?

気になる方は、次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

まんまるモフモフの可愛い子犬!「遊んでよ」とママにパンチするも足が短くて…(笑)

柴犬の赤ちゃんは、モフモフコロコロしていてとても可愛いですよね。 思わずハグしたくなります。 そんな …

うっかりが引き起こした運命の出会いが男性のハートを鷲掴み!その訪問者の正体は…?

家にペットを迎え入れるには、それなりの覚悟が必要です。 「トイレのしつけは大丈夫か?」「家具をボロボ …

仕事場近くの草むらで不安そうに鳴いていた子猫が幸せになっていくまで!そっと撫でると・・・

草むらでうずくまる一匹の子猫 その日はいつも通りの1日になるはずでした。 レイニーさんが朝から仕事中 …

結婚式にどうしても恩人ならぬ『恩犬』を参列させたかった…一匹の介助犬と花嫁の物語に、全世界が感動の涙!

一枚の画像がもつ真実の物語 美しい花嫁と、それに甘える可愛らしいフリルのついた服を着た一匹の犬。 こ …

分離不安症に苦しむ犬のもとに幼い子猫がやって来た結果・・・

「分離不安症」という心の病をご存知でしょうか? 人間でいえば、「依存症」にあたります。 集団で生活す …

PREV : 「ご飯を作る人」と「ご飯ができてる人」住む星が違うレベルで差があるという持論に共感殺到!
息子が学校で友達を殴ったので父親は叱ろうとしたが泣きながら明かされた理由に言葉が出なかった…! : NEXT