Lenon


Lenonをフォローしよう!


24年の人生を謳歌し、ギネスにも登録された猫が教えてくれた事とは・・・?


長寿のポピー

このケーキの側に立っている猫の名前は「ポピー」といいます。

被毛はふさふさで、ケーキをじっと見つめているまん丸いお目目が可愛らしいですよね。

ですが、お誕生日ケーキに刺さっているろうそくをよく見てみれば、「24」の文字となっています。

そう、つまりこの子は24歳の猫なのです!

このスーパーキャットであるポピーは2014年2月に、

「世界で最も生きた猫」としてギネス認定されました。

ですがそれから数か月後の6月に感染症にかかり、惜しまれながらこの世を去りました。

しかしポピーの「長寿記録」はいまだに破られておらず、

今もなお最も生きた猫としてその名を馳せているのです。

そのポピーが教えてくれた事とは一体何なのでしょうか。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

もうひとりぼっちじゃない…ずっと孤独に生きてきた狼犬が保護された先で真実のパートナーと出会う・・・

複雑な事情で、生きるのが大変だというのは人間だけではありません。 アメリカのアリゾナ州で保護されたひ …

猫パンチを防御したワンちゃん!そのまま反撃するかと思いきや、なんて大人な対応・・・

猫から繰り出されたパンチをうまく防御したワンちゃん!そのまま反撃するかと思いきや、とても大人な対応を見せてこれは叶いそうもありません・・・

出産間近のヤギを優しく労わる猫→お腹をマッサージするその姿はプロの助産師そのもの!

異種動物が仲良くしている光景を目の当たりにした時、 恋や友情に種族は関係ないと改めて気づくことがあり …

「覚悟のある人にしか譲らない」販売から譲渡へと事業をシフトしたペットショップの想いとは?

「覚悟のある人にしか譲らない」ペットを売ることから譲渡することへと事業をシフトした異色のペットショップの想いとは?

瀕死状態で皮膚がボロボロになった野良犬。2ヶ月の治療後に奇跡の大変身!

※治療前の姿の写真や動画は皮膚がボロボロで大変痛々しい姿をしています。苦手な方はご注意下さい。 痛々 …

PREV : 認知症を抱えた人がスプーン2杯分のココナッツオイルを60日間ずっと食べ続けて脳内で起こった事とは?
ゆで卵の殻を5秒で綺麗に剥く方法!その秘密は瓶の中にあった!? : NEXT