Lenon


Lenonをフォローしよう!


警察犬の最期を見送るセレモニーで撮影された1枚の写真に胸が熱くなる・・・


警察犬の最期

アメリカのコネチカット州でのことです。

ハンターという名の警察犬が、苦しい闘病生活の果てに安楽死を迎えることになりました。

ハンターの生涯はどんなものだったでしょう。

生まれてすぐに警察犬の訓練を受け、見事合格してからは勇敢に犯人と戦ったのでしょう。

時には瀕死の被害者を助けたこともあったのでしょう。

幼い頃に可愛がってもらった、飼い主さんのところに帰って甘えたい時もきっとあったと思います。

そんなもろもろを振り切って、ハンターは職務に忠実に行動したのではないでしょうか。

そんな彼が病気になった時には、

もう一度現場に行きたいと名刑事さながらに思っていたに違いありません。

そういう警察犬だからこそ、最期のセレモニーには相棒の警察官が涙するのです。

最期のセレモニーで撮影された1枚の写真に、大きな反響が寄せられています。

気になる方は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

お留守番の動物たちが欲望に忠実になって企てた犯罪の決定的瞬間10選!

あなたが家を留守にした時、可愛いペットたちは何を考えているでしょう。 寂しがっている子もいるでしょう …

少し驚かそう思っただけなのに…子犬にイタズラで軽く一鳴きしたらとんでもない事態に!

天気の良い日に公園に出かけると、小さな子供達が夢中で遊んでいるのを目にします。 とても可愛らしく、思 …

4度のお風呂にたっぷりの愛情→手厚い保護のお陰で、全身がひどく汚れた状態で発見された子猫はこんなに美しくなりました…!

路地裏やしげみに子猫が捨てられているといった痛ましいお話、よく聞きますよね。 保護する団体や施設が充 …

もうすぐこの世からいなくなる女性の腕に駆け寄ってきたものに、看護婦たちはショックと涙が止まらない…!

ある女性がガンを告知されました。 その人は、ブラジルのボルトアレグレに住む、レハネ・チリさん49歳で …

16歳の老猫、大好きだったご主人様を失う→新しい家族に見せた姿にほっこり・・・

アメリカのテキサス州にある動物保護施設「キティアドベンチャーレスキューリーグ」に引き取られた16歳の …

PREV : 「今つらいなら大人になったら…」佐藤二朗が語る10代の若者たちへのメッセージに共感の嵐!
山田優が前髪をばっさりカットしてイメチェンした理由に共感の声続々! : NEXT