Lenon


Lenonをフォローしよう!


廃品置き場に住んでいる仲間たちのために毎日7キロ往復して食べ物を届ける野良犬!


廃品置き場のルーシア

ブラジルの南部にある街「サン・カルロス」。

この街のはずれには廃品置き場があり、そこには1匹の仲間思いで勇敢な野良犬が暮らしています。

地元の人々から、彼女は「ルーシア」と呼ばれています。

今から6年前のある日、子犬だった彼女は飼い主さんに捨てられ、

それからは同じ境遇の仲間たち(犬、猫、ロバ、鶏など)と一緒に力を合わせて生きてきました。

ルーシアのいる廃品置き場には、動物たちが食べられるようなものは置いてありません。

だからルーシアは毎晩7キロ先の住宅街へ歩いていき、

食料をそこで調達して仲間たちに運んでいるそうです。

ルーシアが食糧調達している様子は、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

リュックの中から衰弱した状態で発見された猫!助けられると感謝の喜びが止まらなくなった・・・

ペットを安易に捨ててしまうのは残酷な行為ですが、 誰かに拾われるように捨てるのとゴミのように捨てるの …

激昂するヤギと人間の議論!その真剣さと熱さが漫才のようで笑える(笑)

今回ご紹介するのは、男性とヤギが繰り広げる議論の様子です。 哲学者のような風貌を持つヤギですから、こ …

砂漠の中で250キロのマラソン!過酷な6日間を過ごしていた男性はなぜかついてくる野良犬と生活を共にして・・・

過酷なマラソンの意外な参加者 中国のゴビ砂漠で行なわれる「ゴビ砂漠マラソ」。 このマラソンは約250 …

金属の根元の泥の中で弱って動けなくなった子猫!たくさんの人の力で救い上げた結果・・・

捨て猫?迷い猫? みなさんは、捨て猫に遭遇したことはありますか? 人間の自分勝手で傲慢な理由で、生後 …

顔の曲がったワンちゃんに対してこの獣医は安楽死ではなく里親という選択を選んだ!

顔の曲がったワンちゃんに対して、この獣医は安楽死させるのではなく自らが里親になるという選択肢を選んだ…!詳細はこちら・・・

PREV : 日清カップヌードルのロゴに隠された驚きの秘密!あなたは知っていましたか?
アサリの砂抜きをより早く、しかもより旨味を増大させながらできる方法がこちら! : NEXT