Lenon


Lenonをフォローしよう!


いじめに怯えて引きこもっていた猫の閉ざされていた心をノックをしたものとは…?


バットマン

この猫の名前はバットマンといい、発見された当時は左前脚がありませんでした。

2015年の5月にノースカロライナ州ウェイク郡の保健所に保護されました。

今までの生活の中で、彼の左前脚に何が起きたのかは誰にもわかりません。

更に保健所ではケージの中で過ごすため、ストレスから爪も肉球もボロボロになりました。

バットマンの事を聞いたウェイク郡愛護協会は、彼を保健所から引き出しました。

ボロボロになっていた爪などはすっかり治りましたが、

臆病な彼は1日のほとんどの時間を隠れて過ごすようになります。

他の猫達と同じ部屋で馴染むように努力することが、彼にとっては難しかったのです。

このように閉ざされていた彼の心を、ノックする人が現れました。

どんな人か気になる方は次のページをご覧下さい。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

自転車を死守しながら飼い主さんの帰りを待つ犬が超かわいいと話題に!

ペットと飼い主との絆を感じさせるしぐさや行動を見ると、ほのぼのとした気持ちになりますね。 ペットを飼 …

人間に怯えて吠え続けていた犬!心に深い傷を負い、殺処分寸前だった犬の運命は?

心に深い傷を負い、人間に怯えて吠え続けていた犬!あと少しで殺処分という決定が下ってしまったこの犬の運命は・・・?

友達の家でお漏らしをしてしまった子犬が考えたおもしろ賢い行動をご覧ください…!

子犬を飼うと、一番にしなくてはならないのがしつけです。 無駄吠え、噛み癖、トイレのしつけ…。 最低で …

顔の曲がったワンちゃんに対してこの獣医は安楽死ではなく里親という選択を選んだ!

顔の曲がったワンちゃんに対して、この獣医は安楽死させるのではなく自らが里親になるという選択肢を選んだ…!詳細はこちら・・・

病気になった途端家族に見放された犬がシェルターに来て200日が経過!病が進行する中でも幸せを願った犬の運命は…?

この犬の名前は「パドレ」。 かつて、人間の家族のもとで飼われていた飼い犬です。 しかし、その体は病魔 …

PREV : 暴走族の兄が亡くなった後、遺品整理中に出てきた兄の「絶対バレたくなかったもの」とは?
驚くの無理はない(笑)ニュージーランド人に味噌汁の真実を教えたら・・・ : NEXT