Lenon


Lenonをフォローしよう!


衰弱した子猫と怪我を負った犬がお互いに支え合う姿に胸が熱くなる・・・


キングとライラ

ある日、生後8ヶ月の子犬が「Kentucky Humane Society」という、

アメリカのケンタッキー州にある動物シェルターに連れてこられました。

足を骨折していましたが、もう何ヶ月もなんの処置も行なっていないようでした。

犬は保護されてからすぐに足の手術をしましたが、足は治ることはありませんでした。

犬の名前は「キング」と言いました。

キングは手術が終わると、リカバリールームに移されました。

ちょうどその時、この施設に生後4週間の子猫がやってきました。

子猫はかなり衰弱していて、元気を取り戻すのには十分なケアを必要としました。

子猫の名前は「ライラ」と言いました。

ライラは貧血で弱っていて、1日中目が離せない状況でした。

ライラはキングのいるリカバリールームで過ごすことになりました。

そこで、とても心温まる素敵な出来事が起こったのです。

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

助けた野良犬は保護職員にすぐ懐いた!寂しそうな顔から一気に緊張を解いた様子に嬉しくなる・・・

ダウンタウンのホームレス犬 アメリカ全土にて、犬の保護活動を行なっている動物保護団体『Hope fo …

「誰かぼくのこといりませんか?」5年間誰にも引き取られずに施設で過ごしたピットブルはメッセージ付きで写真に写ったことで大きく運命が変わった…!

チェスター アメリカのニューヨーク州にある動物保護団体、「The North Fork Animal …

心に傷を負った兵士を癒した野良猫が突然失踪!その後訪れた譲渡会で見覚えのある手が伸びてきて・・・

今回の主人公は、兵士のジョシュ・マリノさん。 彼は戦場で重傷を負った為、戦地から帰ってきた際に心的外 …

最後にもう一度だけ雪を見せてあげたい…愛犬を安楽死させなくてはならない女性の願いが夏のテキサスに届いた!

スパンキーの異変 「血管肉腫」という癌をご存知でしょうか? 血管肉腫は悪性腫瘍で血管によく似た形成を …

子犬とお父さん犬の初めてのご対面!お父さん犬は大ハシャギしていますが…(笑)

犬の祖先はオオカミですが、 オオカミは集団で行動してその生活の中で子供たちはいろいろ学んでいくわけで …

PREV : 携帯をジーンズのポケットに入れておくのは大きな間違いを犯していることが判明!
くも膜下出血で倒れたKEIKOを支え続けた夫の小室哲哉が妻の現在の歌声を公開! : NEXT