Lenon


Lenonをフォローしよう!


衰弱した子猫と怪我を負った犬がお互いに支え合う姿に胸が熱くなる・・・


キングとライラ

ある日、生後8ヶ月の子犬が「Kentucky Humane Society」という、

アメリカのケンタッキー州にある動物シェルターに連れてこられました。

足を骨折していましたが、もう何ヶ月もなんの処置も行なっていないようでした。

犬は保護されてからすぐに足の手術をしましたが、足は治ることはありませんでした。

犬の名前は「キング」と言いました。

キングは手術が終わると、リカバリールームに移されました。

ちょうどその時、この施設に生後4週間の子猫がやってきました。

子猫はかなり衰弱していて、元気を取り戻すのには十分なケアを必要としました。

子猫の名前は「ライラ」と言いました。

ライラは貧血で弱っていて、1日中目が離せない状況でした。

ライラはキングのいるリカバリールームで過ごすことになりました。

そこで、とても心温まる素敵な出来事が起こったのです。

気になる方は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

女性はケージの中にいる虐待されていた犬を連れて帰った→彼女を信頼した犬の心温まる行動とは…?

虐待されていた犬 カイラ・フィルーンさんは、アメリカのフィラデルフィアに住んでいます。 彼女は近所の …

トイレで用を足したいのに…!目の前で野生を失ったお方が行く手を阻む(笑)

家で飼っている犬や猫、は時々とんでもないところにいるものですね。 飼い主さんが困ってしまう場所に長々 …

嫌がる愛犬と強引に記念写真を撮影!そこに写る表情はきっと一生忘れられない(笑)

ケーシーさんの愛犬は11ヶ月になるピットブルのドゥーピーです。 この穏やかそうにくつろいでいる犬がド …

防犯カメラに映っていたのは、雪の中で凍えている犬に寄り添う男性の心温まる行動でした…!

メディアは重苦しい事件を取り上げがちです。 だからこそ、たまに流れる明るいニュースを聞くと心がホッと …

必死に抵抗をしていた子犬が新しい経験の中で少しずつ心を開き、その先の希望の光へ…!

人間の都合で、無責任に捨てられてしまう犬たちがいます。 元飼い主からの虐待、突然の孤独、空腹や寒々し …

PREV : 携帯をジーンズのポケットに入れておくのは大きな間違いを犯していることが判明!
くも膜下出血で倒れたKEIKOを支え続けた夫の小室哲哉が妻の現在の歌声を公開! : NEXT