Lenon


Lenonをフォローしよう!


衰弱した子猫と怪我を負った犬がお互いに支え合う姿に胸が熱くなる・・・


キングとライラ

ある日、生後8ヶ月の子犬が「Kentucky Humane Society」という、

アメリカのケンタッキー州にある動物シェルターに連れてこられました。

足を骨折していましたが、もう何ヶ月もなんの処置も行なっていないようでした。

犬は保護されてからすぐに足の手術をしましたが、足は治ることはありませんでした。

犬の名前は「キング」と言いました。

キングは手術が終わると、リカバリールームに移されました。

ちょうどその時、この施設に生後4週間の子猫がやってきました。

子猫はかなり衰弱していて、元気を取り戻すのには十分なケアを必要としました。

子猫の名前は「ライラ」と言いました。

ライラは貧血で弱っていて、1日中目が離せない状況でした。

ライラはキングのいるリカバリールームで過ごすことになりました。

そこで、とても心温まる素敵な出来事が起こったのです。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

愛犬の死が目前に…最後の思い出として収めた動画に映ったのは最後の力を振り絞った愛犬の愛情でした・・・

アメリカにジェシー・ジェームスさんと愛犬ブッバが暮らしていました。 ブッバが13歳になり、前立腺がん …

コタツが大好きでしょんぼり顔が大得意なネコちゃんの前でコタツを片づけようとしたら・・・

このネコちゃんは、スコティッシュフォールドのロイドくん9歳。 【ブログ更新しました】「グッバイ双子の …

キツネと犬は、保護されたもの同士→今では、 あまりにも仲が良すぎて、こんなに幸せそうな表情に…!

アカギツネのジュニパーは生後5週間目に保護されて、 ジェシカさん宅へ住むことになりました。 実は、ジ …

221匹もの動物を救ったあるペットショップのユニークな里親探しが話題に!

犬は飼ったら、その一生を面倒見るつもりで飼わなければいけません。 買った瞬間から長い付き合いが始まり …

ずっと引き取ってもらえずにいた耳のない老猫に”運命の”里親さんが現れる!

猫は大人になると、引き取り手が少なくなります。 まして老猫で障害があるとなおさらです。 ところが、猫 …

PREV : 携帯をジーンズのポケットに入れておくのは大きな間違いを犯していることが判明!
くも膜下出血で倒れたKEIKOを支え続けた夫の小室哲哉が妻の現在の歌声を公開! : NEXT