Lenon


Lenonをフォローしよう!


お腹の中に新しい命を宿していながら自力で食事をとれない猫の運命は・・・?


自力で食事できないソフィア

この子の名前はソフィアとい言い、保護施設にやってきた妊娠中の猫です。

上気道感染症を患っている彼女は、自分でご飯を食べる事ができない状態になっていました。

今まで1匹だけで生きていた彼女にとって、

妊娠している上に病気にもかかっている状況はつらいものだったでしょう。

早い段階で保護施設に引き取られて良かったです。

獣医さんは食事ができないソフィアとお腹にいる子猫たちの命を守るため、

チューブから栄養を摂取する方法をとりました。

チューブを用意して1日に数回分けて栄養を体内に入れたソフィアは、ちょっとずつ回復していきました。

ソフィアは、お腹にいる自分の子供を無事に出産する事ができるのでしょうか?

その後の彼女が気になる方は、次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

実家でたまたま出会った、フワフワな毛並みの人懐っこい猫に一目惚れした女性がとった行動とは?

実家に帰った時にたまたま出会った、毛並みがフワフワで人懐っこい猫に一目惚れした女性!そこで彼女がとった行動はこちら・・・

人間に捨てられて後ろ足を2本とも失い、最愛の子供さえも失った犬の暮らしが180度変わった…!

懸命に生きる 人口が多いことで有名な中国。 人口が多い分ペットを飼う人口も多いようですが、 その反面 …

泥すら食べながら必死に生きようとしていた子猫が奇跡的に回復し・・・

必死に生き延びようと泥すら食べていた子猫!獣医師からは生き延びるのは無理だと宣告されたものの、その後奇跡的に回復し・・・

ニタ〜ッと妙な笑い顔を浮かべるワンちゃん!その理由を知った飼い主は笑いが止まらなかった・・・

ペットのイタズラは、笑わされるものから驚かされるものまで色々あります。 今回ご紹介するエピソードは、 …

10年間繁殖することを強制されたうえ、保護された後に余命半年と宣告された犬の運命は!?

10年間パピーミルで繁殖することを強制され続けていた犬!しかも保護された後には、余命半年だと宣告されてしまい・・・

PREV : くも膜下出血で倒れたKEIKOを支え続けた夫の小室哲哉が妻の現在の歌声を公開!
暴走族の兄が亡くなった後、遺品整理中に出てきた兄の「絶対バレたくなかったもの」とは? : NEXT