「私は心から愛してる」怪我を負った犬が捨てられていた本当の理由に涙が溢れる…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


「私は心から愛してる」怪我を負った犬が捨てられていた本当の理由に涙が溢れる…!


捨てられた理由

チュウィのそばには飼い主さんが書いたと思われる置き手紙がありました。

「こんにちは!僕の名前チュウィ。僕の飼い主さんは虐待を受けています。そのため飼い主さんはどんなに頑張っても、僕を飼うことはできないんだ。本当は僕を手放したくなかったけれど、こうしなければならなかったんだ」

置き手紙はこんな風に犬の目線で書かれていました。

それに続いて、飼い主さんの気持ちを綴った文章がありました。

それによると、飼い主さんの元カレがチュウィを蹴ったのだそうです。

頭にたんこぶができている考えられるので病院に連れていってほしいということ、

飼い主さんはチュウィをとても愛していることなどを痛切に訴えていました。

最後に、「どうか彼を愛情込めて大切に育ててほしい」とその手紙は結んでいました。

チュウィのその後

飼い主さんのパートナーによる虐待で、犬を飼うことを断念した飼い主さん。

愛していても犬を捨てなければいけない事情もあるのですね。

自分さえ虐待される日常で、愛犬をかばうことが無理だと悲しい諦めがあったのです。

チュウィは、幸運にも親切な人によってすぐに病院に連れて行かれました。

そして動物保護団体「Connor and Millie’s Dog Rescue」に保護されたそうです。

保護施設の創設者であるギリアムさんはこう語ってくれました。

「飼い主が虐待関係にある場合、このように動物を飼うことが難しくなるのです。しかし、このような出来事は見落とされがちになるのです。」

大きな被害が出る前チュウイが発見されて良かったですね。

チュウィは現在元気に暮らしているそうです。

チュウイのことを愛しながら捨てていった飼い主さんに、幸せが来ることを願います。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

頭をケガしていた子犬を保護して調べた結果、そのケガはむごい虐待によるものと判明…!

売れ残っている片目を失った子犬を、同じように片目の見えない男性が救った…!

病気に侵されていたことから安楽死させられる一歩手前だった子犬が奇跡の復活を遂げる!

子犬を生む”道具”として数年間、地下室で暮らすことを強制されたトイプードルのお話に目を背けないで!

犯罪者の車から保護された子犬は薬漬けにされていた!死の淵から立ち直り、幸せをつかむまでの軌跡に涙が止まらない・・・

出典:boredpanda/Facebook




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

両手で包み込まれた子猫のリアクションがとてもつもなく可愛すぎた…!

両手にすっぽりと収まるくらいの小さな子猫を両手で包み込んでみた!すると、とてつもなく可愛すぎるリアクションを見せてくれた・・・

お風呂に入るのが大好きなフクロウ!クルクル回る姿に30秒で笑いが止まらない(笑)

ペットをお風呂に入れる作業は、飼い主にとって大変な作業です。 お風呂好きの子がいる一方で、お風呂が大 …

保護猫のために役所に作られた「猫の部屋」のスペースのおかげで猫と人間、win-winな結果に!

近年になって動物愛護団体が増え、 また保護された捨て猫、野良猫が温かい里親の家に引き取られていく話題 …

この世を去ったインスタのアイドル猫!彼女の幸せに満ちた3年間を写真で振り返る・・・

運命的な出会い ボストンで暮らすソフィーちゃんは、Instagramで12万人以上のフォロワーを持つ …

車にはねられて下半身不随になった野良犬が1人の旅行者と出会って笑顔と自由を手に入れる!

アメリカ出身のナンシー・ジェーンズさんは今から十数年前、 旅行先のルーマニアで1匹の野良犬に出会いま …

PREV : 平愛梨の手料理がプロのレベルを超えるほどの腕前なのではないかと話題に!
日々の生活に疲れたサラリーマンの銅像?いいえ、裏に回って真実をお確かめください…! : NEXT