Lenon


Lenonをフォローしよう!


たまたま通りかかった勇気ある女性によって橋の上から落ちる寸前だった子猫が救われた瞬間!


暗闇の中に子猫を発見!

しかし少し間違いがあれば、子猫は逆に命を落とすかもしれない状態。

このような時、あなたならどうしますか?

暗い橋に人気はなく、知らない振りをしても誰かに見られることもないのです…。

このような状況で、子猫を発見し助け出した女性の勇気ある行動をご紹介します。

橋の上を動くもの

アメリカのノースカロライナ州に在住しているエリンさんはある日の夜、

ボーイフレンドの運転する車で橋の上を通過しました。

その時、橋の上に小さな動物を発見したのです。

「あの夜、私は時速90km近いスピードで橋の上を走行していました。その途中、彼女が何か動く物を見たというのです。その後一周して同じ場所に戻ってみると、小さな子猫の姿がはっきりと見えました。」

ボーイフレンドのマーカスさんはこのように語りました。

橋にいるものが子猫だと確認すると、エリンさんは救出のため静かに近くへと歩み寄りました。

果たして、エリンさんは無事に子猫を救出することができるのでしょうか…。

結末は次のページにてお伝えいたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

猫とフェレットが仲良く昼寝している下でこの1匹は犠牲になったのだ・・・

猫とフェレットが仲良くお昼寝中!しかし一方で、その下で犠牲になっている1匹がいたのです…(笑)詳細はこちら・・・

空っぽの保護施設へ寄付に訪れた女性が出会いを待つ最後の子猫を見て決断した事とは?

出会いを待っていた最後の子猫を見た、空っぽの保護施設へ寄付に訪れた女性!彼女がその子猫と出会ったことで、決断した事とは?

オーストラリアから地球の裏側のアイルランドへ…迷子になった飼い猫がご主人様と奇跡の再会!

10歳の飼い猫であるジョージは、 オーストラリアのシドニーで飼い主のフィオナさんと一緒に幸せな日々を …

猫はこたつで丸くなる!・・・のではなく、座椅子で休日のオッサンのように過ごす(笑)

かなり早めの冬がやって来ましたが、みなさんの家ではコタツはもう出しましたか? コタツと言えば有名な童 …

この子犬はガス室が満員だったおかげで死なずに済んだ→6年後の姿に人間は脱帽するしかない…!

2016年4月14日に発生した熊本地震の災害現場で活躍した救助犬たちの中に、 「夢之丞」という犬がい …

PREV : 生徒の自由研究を「子どもが書くものじゃない」と突っぱねた教師に批判殺到!
雨に濡れそうな見知らぬ人のバイクを気遣った結果、翌日思わぬ事態に・・・ : NEXT