Lenon


Lenonをフォローしよう!


インコが歌う(?)かつてないほどかわい子ぶった笑点のテーマをお聞きください(笑)


インコやオウムを飼う魅力は、人の言葉を喋るからではないでしょうか。

よくテレビなどでオウムが喋るのをみかけます。

「あんな風に喋ったらいいな」と、期待して飼う人は多いと思います。

教えるのには根気がいるでしょうが、覚えてくれたら嬉しいでしょうね。

もともとインコやオウムは、おしゃべりな鳥なのだそうです。

野生のインコでも、仲間とのコミュニケーションを取るために声をよく使います。

それも、同じ言葉を繰り返して互いの存在を確かめ合うのだそうです。

人に育てられたインコは、飼い主と同じ言葉で飼い主とコミュケーションを取るのだといいます。

もちろん言葉の意味はわかりませんが、言葉を発することで飼い主が喜ぶことはわかります。

インコが言葉を喋ったり、歌ったりするのは飼い主を喜ばせようとしているのかもしれませんね。

ご紹介するオカメインコの『絹ちゃん』は、言葉だけではなく歌が得意なようです。

ぜひ次のページでその歌声をお聞きください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

世界一美しい犬の人生を大きく変えたのはたった1枚の写真だった・・・!

オーストラリアで暮らすアフガン・ハウンドの飼い主であるルーク・カヴァナーさんは、 自分の犬の美しさを …

トラックの前に白鳥が!しかも後ろは大渋滞→だからこそ見えたドライバーの優しさ・・・

トラックの前を、白鳥が歩いています。 「白鳥がなぜ!?」あるいは「危ない!」と思われた方もいらっしゃ …

危険をかえりみず、崖から落ちた子猫のもとへ親猫が!親子の絆を感じる救出劇に胸が熱くなる・・・

人間でも動物でも、子どもは可愛いですよね。 そして、子に何かあったら直ぐに助けにいくのが親です。 そ …

「もういいです…いや、マジで」ご主人の撫でる手を静かに拒否する猫様の怖優しい塩対応・・・

ご主人が猫に撫でようと手を伸ばします。 ご主人が手を出せば、猫もそれに応えて手を出してきます。 とて …

小屋の後ろで鳴いていた子猫が、保護され先住猫のお供に…幸せいっぱいの写真7枚をどうぞ!

不安そうな瞳が見つめる先は… どんな生き物の赤ちゃんも、頼りなさげで可愛らしいものです。 生まれたて …

PREV : お寺に掲示された心に響く名言→お寺の偉いお坊さんの格言なのかと思いきや…(笑)
この画像の中に16個の円が描かれています!あなたは見つけられますか? : NEXT