Lenon


Lenonをフォローしよう!


ボロボロの状態だった野良猫が保護してたった1日で美しく生まれ変わり、幸せを手にする!


フリスビー

野良猫の「フリスビー」は発見された当時、

身体中がかなり汚れている上に全身の毛がボサボサで、誰が見てもボロボロの状態でした。

地元住民の通報を受けた保護団体は、フリスビーを保護するために捕獲器を設置して捕まえました。

フリスビーは保護施設「MRFRS」へと連れて行かれ、必要なケアをスタッフの方々から施されました。

スタッフの方々は、フリスビーの事をこのように話しています。

「施設に運ばれて来たばかりのフリスビーは全身がボロボロの状態で、非常にお腹を空かせていました。さらにフリスビーは虫歯が多くあり、歯の治療をする必要もありました」

フリスビーは、ここからどうなっていくのでしょうか。

この後を知りたい方は次のページをご覧ください。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

お風呂を愛してやまないワンちゃん→飼い主さんの「シャワー」の声が聞こえた時の反応が凄すぎる!

ペットのお風呂事情 みなさんはペットのお風呂、いかがですか? 犬であっても猫であってもお風呂が苦手、 …

最期を看取る天使のような眼差し→猫は大好きなおばあさんのそばを離れない・・・

アメリカのホスピスでの光景です。 もうすぐ旅立ってしまうおばあさんと、おばあさんを天使のような優しい …

瀕死寸前だった子猫が保護されたのちに見違えるほど美しい姿へと変身する!

道路などに、給排水を目的として設置されている側溝。 田舎だと、夏になれば散歩中の犬が側溝に入り水浴び …

奇跡の生還!山火事に巻き込まれ、全身に大火傷を負ってしまった猫は人々の希望となった・・・

山火事の炎に襲われた命… 昨年2015年9月に発生したカルフォルニア州での山火事。 日本でも大きく報 …

怪我を負ったことで食用として屠殺される予定だった2頭のロバが奇跡的に生き延びる!

食用のロバ 日本では牧場や動物園で見ることの多いロバですが、海外では荷役用として飼育する国があります …

PREV : 話しかけているのに無視してスマホをいじり続ける母に幼い子供が放った周囲を凍りつかせた一言!
お寺に掲示された心に響く名言→お寺の偉いお坊さんの格言なのかと思いきや…(笑) : NEXT