Lenon


Lenonをフォローしよう!


店先に放置され、苦しい病に侵された犬が美しい姿を取り戻して復活するまで!


ピットブルのデンプシーは生後7ヶ月で、

ジョージア州にあるドラッグストアの外に繋がれたまま放置されていました。

買い物客がちょっとお店によるために繋いだという感じにも見えました。

しかし、病気のために皮膚がボロボロになったデンプシーの飼い主は、彼の元に戻ってはきませんでした。

彼は捨てられたのです。

通りかかった人々も、デンプシーのそばに行こうとはしませんでした。

誰もが、皮膚の状態の悪いデンプシーを触ろうともしません。

しばらくこのまま放って置かれたデンプシーは、寂しい思いをしたことでしょう。

どうなるのかと思った矢先、誰かか動物管理局に通報してくれました。

そして、デカルブ郡の保健所に彼は保護されたのです。

その後、デンプシーはどうなったのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「こんなはずではなかった。単なる遊びだった…」時には犬だって言い訳する!おもしろ表情27連発!

犬は時として何かに夢中になってどんでもないことをやらかしてしまうのです。 犬としては単なる遊びでしょ …

興味津々に覗く二つの目線→もっとかわいい光景へ変わった瞬間がこちら!

ドアのわずかなガラス部分から、部屋を覗き込むかわいい目線が二つ。 その向こうにはなにがあるのか、二人 …

病気の犬を「つらいから」という理由でセンターに持ち込んだ老夫婦→3日後もう一度会いに行った時、悲しい事実を痛感する…!

格子の間から鼻先を出して悲しそうに鳴く老犬がいます。 この犬は病気でもう長くないから見ているのも辛い …

ずっと待っていた新しい人間の命を見守る動物たちの家族愛にほっこり・・・

アメリカでのお話です。 出産を終えたボグス夫妻は新しい命を抱いて病院から帰宅しました。 その家には4 …

「この子は、数年前に行方不明になった猫かもしれない…」動物病院を訪れた親子が保護されている猫を見て思わずこう口走った結果…!

動物病院のビリー 2013年11月、アメリカの駐車場でガリガリにやせ細った状態の猫が発見され、 近く …

PREV : 飛行機にいた全員が少年の泣き声を聞いたはずなのに無視!その時、この女性がヒロインになる・・・
車掌が強行乗車をやめさせるべく放った「一言」→これは言い過ぎ?それとも当然!? : NEXT