Lenon


Lenonをフォローしよう!


店先に放置され、苦しい病に侵された犬が美しい姿を取り戻して復活するまで!


ピットブルのデンプシーは生後7ヶ月で、

ジョージア州にあるドラッグストアの外に繋がれたまま放置されていました。

買い物客がちょっとお店によるために繋いだという感じにも見えました。

しかし、病気のために皮膚がボロボロになったデンプシーの飼い主は、彼の元に戻ってはきませんでした。

彼は捨てられたのです。

通りかかった人々も、デンプシーのそばに行こうとはしませんでした。

誰もが、皮膚の状態の悪いデンプシーを触ろうともしません。

しばらくこのまま放って置かれたデンプシーは、寂しい思いをしたことでしょう。

どうなるのかと思った矢先、誰かか動物管理局に通報してくれました。

そして、デカルブ郡の保健所に彼は保護されたのです。

その後、デンプシーはどうなったのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

シェルターで一緒に暮らしていたフェネックと黒猫→感動の再会を果たした時の笑顔が微笑ましい…!

世界中には犬と猫、虎とライオン、オオカミとキツネなど、 異なる動物どうしにもかかわらず仲良く暮らして …

「がお〜、がお〜」赤ちゃんライオンが吠える練習をしている姿が可愛すぎる!

ライオンの赤ちゃんが「がお〜、がお〜」と吠える練習をしているのですが、その姿があまりにも可愛すぎて悶絶不可避!

2年間孤独のままに人間を避け続けてきた犬が温もりを知り、瞳に輝きを宿すようになるまで

これはアメリカのロサンゼルスにあるサンペドロの港で、 2年前に見かけられるようになって以来ずっと人の …

湖で泳いでいた飼い主が動かず、危険な匂いを感じ取った犬が湖へ決死のジャンプ…!

飼い主と犬は、強い信頼関係で結びついています。 飼い主を救うために、自分の身を犠牲にした犬のお話はよ …

ふわふわな毛に覆われたフクロウの赤ちゃんは野生では生きていけない病を患い人間に育てられることに…!

野生の動物の生体数を一定数確保するためにペット用の繁殖ではなく、 野生の動物を増やすブリーダーもいま …

PREV : 飛行機にいた全員が少年の泣き声を聞いたはずなのに無視!その時、この女性がヒロインになる・・・
車掌が強行乗車をやめさせるべく放った「一言」→これは言い過ぎ?それとも当然!? : NEXT